アイテム 仕事

結局のところぺんてるサインペン赤が仕事においてめちゃくちゃ使いやすいハナシ

スポンサーリンク

仕事で長く愛用している赤色の「ぺんてるサインペン」
芯が潰れてしまったので会社の売場で新しいものを購入しようと探したんですが……

あれ、みつからない〜。
たしかこのへんにあったんだけどな〜。

しばらく買わないうちにカットされちゃったとか?
赤ペンはこれしか考えられないから、常に置いておいてほしいんだけど……
頼むよ、会社〜。

かれこれ学生時代から愛用している「ぺんてるサインペン」の「赤」

遡れば、かれこれ学生時代……
大学、いや、高校時代頃から愛用しているこの「ぺんてるサインペン」の「赤」

その頃の使用場面としては、脚本や企画書の添削修正。
印刷した紙にアナログでガンガン赤入れする時は、決まってこの赤色の「ぺんてるサインペン」でした。

私は大学時代はアルバイトでラジオ局を出入りしていた頃もあるのですが……
このペン、みんな使ってるんですよね。

なんだったら箱買いして持っているくらい、みんな愛用しています。
それを見てたからというわけでは全然ないんですが、私も長く使用しています。
だってとっても使いやすいんだもの。

赤ペンは「ぺんてるサインペン」しか考えられない3つのワケ

だから私にとって赤ペン=「ぺんてるサインペン」この一択。

ボールペンの赤も場面によっては使うけど……
大多数はこの「ぺんてるサインペン」を採用しています。

どうしても伝えたいお知らせを連絡ノートに書くとき。
棚替えの指示書に終了箇所の書き込みをするとき。
その他赤字で何か書き込みをするとき。

ぜったい「ぺんてるサインペン」の方がいいと思うんです。

どこにでも売っていてお手頃価格

まずもって文房具を扱う店舗に行けばだいたい売っている利便性。
そしてそのお手頃価格、まちがいないですよね。

だからカットになるなんてことはありえないんですよ。
むしろ欠品だってしてほしくない……

消耗品なので何回も買い替えることが考えられますから、むしろまとめ買いしてもいいと思う。
でも「今使いたいけど買い置きがない!」というときに、コンビニにも売ってたりするから本当に助かります。

細すぎず太すぎないライン

ボールペンの赤って、ぶっちゃけ細くて目立たないですよね。
どんなに発色のいいボールペンでも、その細さで存在がぼやける。

「ぺんてるサインペン」の線の細さは、細すぎず、しかし太すぎない。

老眼がはじまってきた人が裸眼で見ても耐えられるイメージ。
このペンで自分が走り書いた文字を「読みにくいな」と思ったことってあんまりないです。

よく目立つ発色のよさ

しかも発色もよくて書いたものがはっきり浮かんで見えます。
きれいな「赤」って感じの「赤」

おろしたてから芯が潰れてきたころでもそのままの鮮やかさがあります。
取り出してすぐにその発色で書けるというのが最高ですね。

「ぺんてるサインペン」自体で文字を書いても目立つし……
アンダーラインを引いたり、フレームを囲ってみてもよしです。

裏写りしない水性ペン

「ぺんてるサインペン」は水性ペン。
紙に書くのに適しているペンです。

これだけはっきりくっきり書けて、裏写りしないなんてめちゃ便利です。

さらさらと書きやすいのもこのペンの魅力ですね。

「ぺんてるサインペン」は赤も黒も大活躍する

「ぺんてるサインペン」は仕事において「黒」も頻回使用しています。

他店へ商品を送るときの宛名書きや、ちょっとした手書きポップを書くとき。
ボールペンとはまたちがう場面で活躍しています。

だから……
「ぺんてるサインペン」が売場からカットされるのは死活問題。

お願いなので定番商品として残しておいてほしいと思う、この頃なのでした。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい〜!

-アイテム, 仕事

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.