皮膚薬

ステロイドへの抵抗をなくす説明に日々悪戦苦闘

お客様の中には、ステロイドの入った市販薬(塗り薬、点鼻薬など)に抵抗を感じる人がいらっしゃいます。実際、それらは「アンテドラッグ」という局所にだけ効果を発揮するタイプのステロイドになりますが、これを上手に説明するのに悩まされる時があります。 年配のご夫婦に呼ばれ、行ってみると奥様がかぶれのお薬をお探 […]

今冬レア接客? しもやけのお薬をご案内

新型肺炎の影響で、みんなの病気への予防の意識が高まっているからか。暖冬の影響で寒さにさらされることが少ないからか。今冬は風邪薬や皮膚薬などの相談をされることがほとんどありません。 その反動で、今年は早くから花粉症の相談に追われそうではありますが……体感的に冬が一番お薬の売れる季節な気がしますので、こ […]

これってかぶれ? 軟膏を塗っていたお客様の疑問を解決!

ある軟膏を手にした60代くらいの男性。「ちょっと聞きたいんだけど」と声をかけられたので、話を聞いてみました。 「これをあかぎれに塗って使っているんだけど」「はい」「ここに、ただれ、かぶれには使用しないって書いてあるでしょ」「はい」「塗っていると皮膚がゆるくなるんだけど、これは、かぶれなの?」「ああ、 […]

ひびあかぎれに塗る〇〇選び! 予防法もしっかり伝授

「こういう傷をなんとかしたい場合はどんなものを使えばいいですか」と、指先を見せてきたのは40代くらいの男性のお客様。指先がぱっくりと割れています。 「痛そうですね。そのひびやあかぎれに、ということでしょうかね」「そうです」「ひびやあかぎれを治療する軟膏がございます。皮膚の組織を修復しながら保湿をする […]

体がかゆい! 徐々に増えてきたお客様の対応

乾燥でお困りのお客様が増えてきているようで、ハンドクリームやボディクリームの売場へのご案内が増えています。 「体がかゆい」という70代くらいの男性のお客様。ご本人は乾燥だとおっしゃっていて、なにかいい商品がないか探しに来られた模様。以前皮膚科の病院で薬を処方してもらっていたけれど、全く効かず、今は他 […]

口内炎発生! 立て続けに対応した2つの接客

口内炎のお客様を、立て続けに接客しました。 40代くらいの女性、口の中に傷を作ってしまったようで、その箇所が白くなって痛い様子。傷はそんなに大きくはないけれど、飲み物を飲んだ時に特にしみて困っていました。こういう場合は口内炎の薬を使っていいのかと、尋ねられます。 「そうですね、たとえば舌や唇をかんだ […]

ささくれにかかとのかちこち! 乾燥肌の悩みの季節到来

そろそろお肌の乾燥が気になってくる季節になってきました。放っておくと脚が白く粉をふいてしまうくらい、元々私も乾燥肌なので、早くボディクリームを用意しなければと思っているところです。 そんな肌悩みのお客様の対応も、少しずつ増えてくるのかなと思います。 ささくれに塗る薬が欲しい、という40代の男性のお客 […]

足の裏がかゆい! 心当たりのない原因を引き出す3つの質問

「足の裏がかゆいんですけど何かいいくすりはありますか」 と、高齢の女性のお客様。主にかかと付近がかゆいと訴えます。赤くなって、すぐに治るけれど、かゆさだけが残って困っているという。 「何かかゆくなることに心当たりはありますか」と、聞いてみたけれど、お客様ご自身は見当がつかない様子。ぱっと原因を考えた […]

かゆい! ダニさされの特徴と病院の診断

高齢の女性のお客様が、かゆみ止めをお求めにいらっしゃいました。夏になると赤い発疹が出て痒くなるという。 あせもですか? と聞くと、わからない。過去に病院を3箇所程まわり、3箇所に「ダニ」が原因と言われたそうだが、ご本人は納得していない様子でした。見ると腕にやや大きめの発疹が確認できました。虫刺されの […]

ヒルに噛まれた! 慌てず対応その4手順

「さっき東京からいらしたお客さんが話しかけてきてさ」と、次長。なんだろうと話を聞くと、そのお客様は入口入ってすぐの虫ケア用品売場を見るなり、すごーい! と驚嘆されたという。 「こんなに殺虫剤が置いてあるの初めて見たって。東京はアパートやマンションの高いところに部屋がある人が多いから、玄関に虫除け吊る […]

日焼けが痛い! やけどの市販薬対応とアフターケア

中学生の女性のお客様が、保護者の方と一緒に来店。日焼けがひどくひりひりとして痛がっている、何か薬が欲しい、とのこと。 女の子を見ると肌は赤くかなりの日焼けの状態。日焼けは火傷と同じということを説明、効能に軽度のやけどとある傷薬と、化膿止めをご案内し、傷薬の方を選択されました。やけどはまず冷やすことが […]

デリケートゾーンのお薬相談の本当のところ!

皮膚薬売場でお悩みのお客様に声を掛けられました。この日は立て続けに、デリケートな部分での塗り薬の使用を相談されました。痛かったり、痒かったり。でも場所が場所なので病院で診てもらうのは恥ずかしい。という具合の相談です。割りとある相談になりますが、当然患部を直接見られないので如何にお客様からヒアリングで […]

曖昧な記憶から引き出す正しい商品の導き方

先日のキャノーラ油のお客様ではありませんが、テレビや知人からの情報で商品を買いにいらっしゃる方は結構いらっしゃいます。ですが、その情報がはっきりしなくて「なにを買いに来たのかな?」と、一緒になって考えることもたくさんあります。 花粉症で話題になり、一時期爆発的に売れたワセリンも、以前からグリセリンと […]