受診勧奨

便秘薬が決まらない! 最終的にとった選択は

70代くらいの高齢の男性のお客様。3日くらい便が出ず、出口付近まで出かかっているものの、かたくて出そうにない。おなかが痛くならない方法で出すことはできないかとご相談です。 「出かかっているのが、ご自身でわかるくらいでしたら、一時しのぎですが浣腸という手もございますけど」「浣腸はさしたけど、液体だけで […]

イブプロフェンとロキソニン、〇〇なのはこっち!

「すみません、ロキソニンを売ってもらいたいんですけど……」と、やってきたのは40代くらいの女性のお客様。私のいるお店には薬剤師の先生はいらっしゃらいません。なので第1類医薬品に当たるロキソニンの販売は行っていません。 「主人が歯痛を起こしていて、ロキソニンなら効くと思ってきたんですが……」「そうでし […]

貼り薬が効かない! 飲み薬と併用したいお客様

「腰が痛いんだけど、痛みを止める薬ないですか」と、尋ねられたのは60代くらいの男性のお客様。貼り薬でお探しですか、と聞くと、貼り薬は持ってるんだよね、という。 「市販で買われていますか」「いや、病院で出されているんだけど、あんまり効いている感じがしなくて」「お薬の名前ってわかりますか」「ロキソニンで […]

首が痛いという高齢のお客様来店! その対応

「主人が頭が痛いと言うのだけれど、痛み止めはどこかしら」と言う70代くらいの女性のお客様。解熱鎮痛剤のところへご案内し、一応ふだんはどのくすりを使っているのかを聞いてみました。 「特に今まで使ったことはないのよ。頭から首が痛いというから買いに来たんだけど、どれがいいのかしら」「首、ですか。いつ頃から […]

服用薬あり! それってなぜ受診勧奨なの?

今のドラッグストアに勤める前は薬局を営む会社で調剤事務兼販売員として働いていた私です。最初の10ヶ月は内科の門前、残りの1年ちょっとは耳鼻科の門前に勤めていました。そのおかげもあって医療用医薬品の名前が少しだけわかります。もう事務を離れてしばらく経つので新しいお薬とかはわからないですし、なんとなくほ […]

くすりを売らない接客?! 受診勧奨の3つの基準

いつか、自分は自分で認めているほど薬を売らない登録販売者だという話をしたと思います。 薬に頼らずとも解決出来そうな場合のお客様には生活習慣の改善など養生法のアドバイスをして帰すこと。 そして、市販薬の範疇でないと判断した場合のお客様には、病院をおすすめして帰す、受診勧奨ということがあるからです。 こ […]

片目の充血に困っているお客様を接客! その結果は

「目が充血するんですけど、なにかいい目薬ありますか」 という40代くらいの女性のお客様。見ると左目だけが赤く充血しています。かゆみや痛みは、と聞くと、特にないといいます。たまにこういうことが起こるようで、本人は、血圧が上がったのかもと言いますが……。 「充血で眼科さんにかかったことはないのですね」「 […]

目の奥が痛い! 原因と対策を調べてみました

「目の奥が痛いのを治す目薬ない?」と、年配の男性のお客様。目の充血などは見られず、痒いのではなく、痛い。目やにもなく、ご本人曰く、疲れか年齢によるものではないかと考えている様子。 目の奥の痛みに効く、という目薬なんてあるのだろうか……と思って目薬のパッケージをいくつか見てみるも、そのような記載のある […]

病院に行きたくない! よくあるお客様の対応3

風邪を引いて咳が出るんだけど、咳止めはどこ?と、年配の女性のお客様。咳止めの売場をご案内しながらよくよく話を聞くと「東京から引っ越してきてからずっと咳が続く。きっと空気が合わないんだと思う」と言います。 「こちらに越されてどのくらいですか」「もうずっと、何年も前」「咳の症状はその頃から出ているんです […]

むくみを解消したい! からのよくある4つの誤解

むくみでお悩みのお客様がお薬で解消したいと尋ねてこられました。ご本人の心当たりは、水分の摂りすぎと、1日中立ちっぱなしや、同じ姿勢なことが多いということ。漢方薬を希望されていたのが引っかかりました。 「お客様、念の為に確認ですが、今何か他にお薬を飲まれていますでしょうか」 すると、血管拡張型の降圧剤 […]