医薬品

1/5ページ

花粉襲来! 鼻炎薬のちがいを説明

マスクの混乱冷めやらぬ日々ですが、いよいよ花粉の影響がでてきました……私も心なしか鼻をかむ頻度が増えてきたような気がします。 鼻炎薬の棚の前で悩まれている30代くらいの女性のお客様。売場を何度か往復しましたが、棚の前からずっと動かず違う薬を交互に見比べるばかりだったのでお声をおかけしました。 「お客 […]

ステロイドへの抵抗をなくす説明に日々悪戦苦闘

お客様の中には、ステロイドの入った市販薬(塗り薬、点鼻薬など)に抵抗を感じる人がいらっしゃいます。実際、それらは「アンテドラッグ」という局所にだけ効果を発揮するタイプのステロイドになりますが、これを上手に説明するのに悩まされる時があります。 年配のご夫婦に呼ばれ、行ってみると奥様がかぶれのお薬をお探 […]

今冬レア接客? しもやけのお薬をご案内

新型肺炎の影響で、みんなの病気への予防の意識が高まっているからか。暖冬の影響で寒さにさらされることが少ないからか。今冬は風邪薬や皮膚薬などの相談をされることがほとんどありません。 その反動で、今年は早くから花粉症の相談に追われそうではありますが……体感的に冬が一番お薬の売れる季節な気がしますので、こ […]

声かけは押売り? いいえ〇〇の提供です!

50代くらいの女性のお客様のレジを担当したときのこと。以前ポイントカードをお忘れになったということで、ポイントの後付けをお願いされました。カードとレシートを渡されたので、処理をしながら、ふと、対象のレシートの内容を目にしました。その内容と、今回のお買い物で気になる点がありました。 どうしようかな、聞 […]

なぜ? 消毒用エタノールが売れない3つの理由

先日の記事でも触れましたが、コロナウイルスによる隣国の新型肺炎の流行の影響で、マスクや除菌スプレーは全国的に品薄状態。私が勤めるドラッグストアも例外ではなく、連日マスクと除菌スプレーの棚は空っぽ。一日中お客様からの「マスクないの?」「除菌スプレーどこ?」などの声に対応。在庫は抱えていませんし、入荷も […]

接客対応したお客様が再来店! あのときのあれ……

欲しい商品が欠品していたとのことで、客注対応をしていました。年配の女性のお客様です。先に会計を済ませてしまうとおっしゃったので医薬品レジの方へご案内し、会計することになりました。ポイントカードのご提示をお願いしたとき、お客様は私の方を見て「この間、お薬の対応してくれた方よね」とおっしゃいます。 人の […]

病院と同じものがほしい! よくあるお客様の対応4

50代くらいの男性のお客様。点鼻薬をお探しでした。 「ご使用は初めてですか。普段使われているお薬はありますか」「いつもは耳鼻科でもらっているトークって名前のものを使ってるんだけど。それがよく効くんだよ」トークというお薬、耳鼻科の門前にいましたが聞いたことがありませんでした。その場で検索すると、私が薬 […]

ただおなかがゆるいだけ……下痢止めを使うべき?

60代くらいの女性のお客様が下痢止めの相談にいらっしゃいました。3日前から水様便が続いているといいます。おなかが痛くなることはなく、ご本人は風邪かもとおっしゃっていましたが…… 「熱があったり吐きっぽかったりはしませんか。何かほかに風邪のような症状は」「特にないのよね。ただ便がゆるいのが続いているの […]

上手な説明教えてください! 市販薬のリスク区分

「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」と言ったのは、作家の山崎ナオコーラさんですが、私自身も日頃の言葉選びは気遣っていたいなあと思うのであります。「誰にでもわかる言葉」で何かを説明したり、とか。いかにお客様目線で、お薬のことを簡単に、わかりやすく説明できるのかに、日々四苦八苦していま […]

同じ名前なのにちがう?! 胃腸薬の接客

「胃薬を探しているんですけど、これとこれ同じじゃないんですか」と、50代くらいの男性のお客様。手に持たれていたのは、同じ名前のお薬ですが、散剤と錠剤です。 「同じ名前ですが実は成分がちがうのですよ。粉のお薬は生薬の成分が多く入っていて、胃を健やかにしてくれるイメージです。そちらの錠剤には粉の薬にはな […]

インフルエンザに〇〇? 漢方薬の選び方

「すみません、ちょっといいですか」と声をかけてきたのは40代くらいの女性のお客様。手には錠剤と細粒の麻黄湯をそれぞれお持ちです。 「これとこれ、どっちが早く効きますか」「どちらも麻黄湯ですね。人によってはお薬が早く溶ける方が、体内への浸透も早く効き目が出やすいという方もいらっしゃいますね。なので、錠 […]

精製水って飲めるの? お客様の疑問から学びました

今年の仕事はじめは1月2日からでした。いっしょに働く仲間たちと改めて新年のあいさつも済ませ、気持ちを新たに仕事を始められました。 さて、この日はアイケアの売場で商品を眺めている女性のお客様がいらっしゃいました。しばらくすると声をかけられました。手には精製水をお持ちです。 「これって、一般的な、ふつう […]

絶対にダメ! お子さまに大人用を使ってはいけない理由

「子どもの浣腸を探しているのですがどこにありますか」と、30代くらいの男性のお客様。お子さまは3才だといいます。 売場をご案内し商品を差し出すと、再びお客様は尋ねられました。「これ、前に使って、全然出てこなかったんですが、そっちのちがう方を使ってもいいんですかね」「ちがう方……おとな用ということでし […]

1 5