医薬品 接客

噛まれる前に! ヒルよけ対策って何するの?

スポンサーリンク

山登りを予定する男性のお客様から、ヒルよけについて相談がありました。
虫よけスプレーの前で、どれを選べばよいかわからない様子でした。

以前「ヒルに噛まれた! 慌てず対応その4手順」という記事で、ヤマビルに噛まれた際の対処法を書きましたが、今回はそうなる前の対策です。

ヤマビルは吸血害虫にあたると考え、ディートの濃度が30%配合された虫よけスプレーをご案内しました。
でも、あとからパッケージを確認すると、適応害虫の中にヒルの名前はありませんでした。

あれ、この選択で間違っていなかったかな。
と、思って調べてみたのでまとめます。

ヒルよけにもディートは一般的な忌避剤

山登りが好きな人たちの情報を見てみても、やっぱりディートが効果的な虫よけとして使われている様子。
メーカーのホームページにも「効果は期待できるが、過信せず」の表記があります。
この過信に関しては「それ以外の対策もしっかりしてね」という呼びかけですね。

ディートは強力な虫よけ成分として長く重宝されている有名な成分です。
20%以上の濃度のディートで最長10時間くらいの防御効果があります。

でもこのディートにはデメリットもあります。

ディートのデメリット

  • 6ヶ月未満の乳児には使用できず、年齢によって使用制限がある
  • プラスチック製品や合成製品を変色・変質させるおそれがある

小さいお子さまや、お肌の弱い人は少し刺激が強いかもしれません。
また、プラスチックなどは溶けてしまうこともあるようなので、当日着る衣類などの素材にも気をつけた方がいいですね。

最近出たイカリジンってどうなの

そこで、彗星のごとく登場したこの「イカリジン」という成分です。
「じんじんじ~ん」ってCMやってるあれですね。
日本では2015年から商品化され、販売しています。

この成分のすごいところはいくつかあって

ここがすごいのイカリジン

  • ディートとほぼ同等の効果で刺激が少ない
  • 年齢制限がなく小さなお子様からお年寄りまで使用できる
  • においもなくてディートが使いにくかった人も使いやすい

使用回数制限もないので、こまめに塗りなおすこともOKです。

ただ、ヤマビルなどはディートなどの虫よけの独特なにおいを嫌がっているきらいがあります。
どうやら、においによって血を吸う場所がわからなくなる原理なようですね。

なので、確実に害虫を寄せ付けないのには、ディートを使うのが無難なのかもしれません。
お子さまや敏感肌の人、こまめに塗りなおせる人はイカリジンですね。

虫よけスプレー以外のヒルよけ対策は

メーカーのホームページにもあるように、忌避剤の効果を過信しないことは大切。

では、他にどんな対策ができるのかというと……

やっぱり「着ていく衣服に工夫をする」ことが大切です。

  • 厚手の靴下を履いていく
  • 長そで長ズボンを着用する
  • ズボンのすそを靴下にインする
  • ストッキングを履いておく

など、極力素肌を見せないことを意識するといいですね。

ちなみに、ディートなどの忌避剤は顔にも塗れますが、直接スプレーとかすると目がやられるので、一度手に取ってからムラなくしっかり塗るといいです。

しっかり対策をして楽しい山登りを

山登りって大変ですけど、蒸し暑い毎日から脱出できるし、頂上にいくとけっこう気持ちいいですよね。
ケーブルテレビ局員時代は、取材でいくつかの山に登ったことがありますが、嫌いじゃありませんでした。

でも、しっかり山対策しないと、あとでけっこう大変なので、虫だけでなくいろんなことを考慮して、服装なども選ぶといいですよ。

登る前日はしっかり休んで、体力あげていきましょ~。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい!

スポンサーリンク

-医薬品, 接客

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。