アイテム 生活

アナログの絵をデジタル化していい感じに編集する方法

スポンサーリンク

最近、がんばってiPadを使って絵を描くのですが、なんか上手に描けないんです。

とくに線画の時点でうまくいかない。
紙にペンで書くようにすっすといかず、なんだかカクカクしてる……

アナログで描くような絵が、パソコンやタブレットでも描けるようになりたい~!
と、思ったその時……
ぴぴーん! と、抜け道を見つけたので、みなさんにも教えちゃいます。

デジタルとアナログのいいところどりお絵かき法

ずばり、この方法は

  1. アナログで描く慣れ親しんだ感覚や雰囲気を大切に
  2. デジタルで描く手軽さや鮮明さを兼ね備えた

両者のいいところどりができるお絵かき手段となっています。

以下の手順でお絵かきしていきます~。

  1. 紙にペンで線画だけ描く
  2. スマホで線画の写真を撮る
  3. アイビスペイントを開いて写真を取り込む
  4. アプリの中で色塗りなどの編集をおこなう

順番に説明していきます!

1.紙にペンで線画だけ描く

まずはいつものように紙に黒ペンで線画だけ描きます。

今回は「顔」を描きました。
輪郭だけな理由はあとからわかります~。

黒のべた塗りなども一切せず、とにかく黒い線と白い余白がある感じでOKです。

2.スマホで線画の写真を撮る

ふつう、ここで登場するのは画像をスキャンするアプリだったりしますが、私はまだアナログを貫きます。
描いた線画をスマホで撮影して保存します。

これだけ!

とくにここで加工する必要もありません。

3.アイビスペイントを開いて写真を取り込み編集

アイビスペイントX

アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted withアプリーチ

無料のイラスト制作アプリ「アイビスペイント」を使って編集します。
アイビスペイントの細かい使い方は、いろんな人がいろんなところで説明してくれていますが、ここではざっくり教えます!

最初の画面にあるマイギャラリーを押すと、自分のイラスト作品が保管される画面になります。

その一番左下に「+」があるのですが、それが新規作成になります。

この画面見ただけでもなんでも作れそうな気がしてきますよね。
「写真取り込み」でもいいんですけど、ここはあえて自分の適当なキャンバスを選びます。

キャンバスが開いたら右下から二番目のところが「レイヤー」になります。
押すとこいつが開きますんで、カメラのマークを押すと好きな画像が取り込めます。
指でしぼめたり広げたりして調節したら写真の取り込み完了です。

4.アプリの中で色塗りなどの編集をおこなう

あとは透過処理したり色を塗ったりをアプリの中でおこなうだけ!

線画抽出や白を透過する機能を使うのもいいけど、私はまわりを自動選択で透過。
色塗りするところはあえて紙の質感を残したままにするのが好きです。

そうすると、色塗りもきれいに均一に塗られるのではなくて、紙の質感そのままの粗い塗られ方になるのが、デジタルなのに味がある気がしています。

ちなみに、最初の線画を輪郭だけで表情を描かなかったのは……
こうして輪郭部分を複製しておくことで、いろんな表情の顔を描くことができるから~。

わーい! 上手にできた~!

もうiPadでお絵かきも怖いものなしです

極力アナログの力を借りつつ、なんとかいつもの自分らしい絵が描けるようになってきています。
でもいつかはiPadにさらさらお絵かきできるようになりたいと思うのでありました。

なんとなくデジタルイラストが苦手な人はぜひ試してみてください。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい~。

スポンサーリンク

-アイテム, 生活

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。