ブログ

徹底比較! ブログを毎日更新する派としない派の意見

スポンサーリンク

ドラッグストアで働きながら、仕事寄りの雑記ブログを更新しています。
アラサー医薬品登録販売者の靉(あい)です。

1年間続いた毎朝の新記事更新を1週間ほどお休みしましたが……
復活してから今日で2週間連続で更新できています。

「ブログはやっぱり毎日更新が基本だよね~」

と言い続ける私と相反して

「いやいや、毎日更新? 意味ないっしょ!」

と主張する人も一定数いらっしゃいます。

今日は、この両者の主張を比較します。
そのうえで、やっぱりブログは毎日更新をおすすめしているそんな記事です。

この記事読めばあなたも、ブログを更新したくなること間違いなしです~。

「ブログの毎日更新」否定派さんのご意見

「毎日更新をしない!」
という人がだいたい口をそろえて言う理由って、以下の3つではありませんか。

ブログを毎日更新しない理由

  • ブログ記事は量より質が重要だから
  • ブログを更新することが目的化してしまうから
  • 毎日更新がSEO的効果と直結しないから

なんでこんなことを言うんだろう、という部分を書きますね。

ブログ記事は量より質が重要

一番見かける理由のひとつです。

「低品質な記事はブログの評価が下がるだけ」
「たった1000文字のごみみたいな記事は量産するだけムダ」

一記事一記事、時間をかけて丁寧に構成し推敲し……
満を持して投稿する記事こそ価値のある記事である!

というのが彼らの主張する意見です。

たしかにきれいで読みやすいニーズに沿った記事は、多くの人の目に触れやすいですね。

ブログを更新することが目的化する

「毎日更新しなければならない!」

ということがプレッシャーになり、ブログを続けることが苦痛になってしまう。
そうなってしまうくらいなら最初から無理せず更新できるときに更新したらいい。

という、ブログをもっと気軽に更新したい人たちの意見だと思います。

ブログは継続してこそですから、更新が嫌になってしまうのは避けたいですよね。

毎日更新がSEO的な効果と直結しない

これは以前ブログを毎日更新していた人が、更新をやめて気づくことが多いですが……

「記事を更新してもしなくてもPV数が変わらない! 収益も変わらない!」
「毎日更新したからって、毎日読みに来てくれる人ってそういないよ」
「数字を稼げているわけでもないのに毎日更新って、自己満足の世界でしょ」

というご意見もよく見かけます。

ブログで稼ぐ、収益を大切にされている方はそう考えられるのかもしれません。

「ブログの毎日更新」推奨派の私の意見

「毎日更新をしない」みなさんのご意見を耳にし、目にしてきた私。
そんな主張を聞くたびに考えていたのが、以下の3つの思いです。

毎日更新しない理由を聞いた私の声

  • 「いつまでも記事を温めているほうがもったいないよ」
  • 「初心者は記事の更新が目的化してなんぼじゃないの」
  • 「SEO的な効果を期待して毎日更新しているわけじゃないんだけどなあ」

順番に説明します。

いつまでも記事を温めている方がもったいない

私は学生時代、ドラマ脚本を書くことを勉強していました。
なのでこれに対してすごく感じることがあるんですが……

「時間をかければ質のいい記事を毎回あげられると思っているのかな」

文章の良し悪しなんて見る人の主観で変わる

熟考に熟考を重ねて、満を持して提出した自信作が、酷評を浴びてかえってくることもありました。
対して、土壇場に書いたその場しのぎの作品が、たいへん褒められることもありました。

自分が思う「良質」の価値観は、他人にとっても同じとは限りません。

400字詰め原稿用紙を2枚半埋められれば1000文字

読書感想文にしても脚本にしても……
400字詰め原稿用紙に、たった一行書くことでさえかなわなかったことがたくさんあります。

この一行目を書く苦労を知っているからこそ……
一枚の原稿用紙を埋める価値を知っているからこそ……

「たった1000文字」と言って、切り捨ててしまうのは、とてももったいなく感じます。

心をつかむ文章は、文字数の多さでは決まりません。

初心者は記事の更新が目的化することでなんぼ

ブログは継続してこそ意味があるというのは、私も感じています。

「毎日更新」がプレッシャーになって更新できない!
というのであれば、自分で更新するときを決めて必ず更新するようにすればいいと思います。

それも難しい、という人で、ブログが続いている人って逆になかなかいません。
「更新」することを目的にさえできないブログほど、フェードアウトしている気がします。

「ネタ」がなくてブログを更新できない人

そんなことはありません。
あなたの毎日はネタの宝庫です、本当です。

ただ、それに「気づけるか」「気づけないか」でネタの貯蓄量が変わります。

「時間」がなくてブログを更新できない人

そんなことはありません。
時間は「ある」ものではなく「作る」ものです。

帰宅後のあの時間、この時間、削る勇気と工夫をもつのが大切です。

ブログを更新しない「例外」を作らないところから

ブログを更新すると決めたからには、自分できちんと更新ルールを決めること。
それに沿って更新する努力をすれば、ブログは毎日でも更新できます。

私も最初の頃は必死に更新していましたが……
今ではブログを更新することが毎日の当たり前になっています。

SEO的な効果を期待して毎日更新しているわけじゃない

「毎日更新しない派」の考えの人と私とでは、この部分が根本的にちがう考え方なんですよね。
収益とかアクセス数とかPV数って、気になりますけどそれが目的で毎日更新してはいません。

「楽しいから」毎日更新している

私がブログ運営をする中で圧倒的に一番楽しいと思っている作業。

それこそが「記事を更新すること」なのです。

だから、記事の質を執拗に気にして、いつまでも投稿せずに育ててなどいられない!
早く投稿してみんなに読んでもらいたい、その一心で毎日更新しています。

「見に来てくれる人がいるから」毎日更新している

ひとりでも私のブログを見に来てくれる人がいるのであれば、私はその人のためにも毎日ブログを書き続けていたいです。

たしかに、毎日更新したからって、同じ人が毎日読みに来てくれるとは限りません。

過去3ヶ月間で、3ヶ月前に私のブログに訪れた人の中で、今もブログを読んでくれている人。
実は、全体の1%も満たしていません。
それは事実です。

けど私は、そのわずかな人たちの日常の中に私のブログが存在しているのかもしれない。
そう考えると、その人たちのそばに毎日寄り添っていたいのです。

もうひとつ。
一度私のブログに訪れた人が、何かのきっかけで再びブログを覗いてくれるとします。
その時に、時間が止まったブログの姿を見せたくない、という気持ちがあります。

ブログを更新したら、ひとりでも読んでくれる人がいる。
地方のドラッグストアで働く平凡なアラサー女登録販売者の私のブログをです。
こんなにうれしいこと、やめてしまうのはもったいないのです。

ブログの毎日更新はラクじゃない、けど楽しい

ブログの毎日更新ってラクじゃないです。
だからこそ、理由を作ってでも「毎日更新しない」と決めることもできます。

毎日更新するにしても、しないにしても、結果いえることはひとつ。

「楽しくなければブログ続かない」

せっかくやると決めたのだから……
ブログのために時間を作って、ブログのことを考えて。
たくさんたくさん、ご自身のブログを愛してあげてくださいね~!

それでは、今日も一日すてきな日になりますように!

スポンサーリンク

-ブログ

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。