アイテム 生活

風邪予防にも! マスクのサイズの選び方と息苦しくない着用法

スポンサーリンク

店長の許可をもらい、マスクを着用しながらの業務となりました。
でもひとりマスクつけて仕事していると、なんとなく自分からお薬を勧めにくいですね。
お客様にも近づき難いし、なにより説得力に欠ける気がする!
やっぱり太っている人がダイエット商品を勧めても売れないように、体調悪い人からくすりを勧められても、よくなる気がしないでしょう……。
自分の体調管理の悪さを反省しつつ、早く良くなるように工夫を凝らさないとです。

まず、家から適当につけてきたマスクがいまいちな気がします。
なので自分の好きなマスクを選んで買うことにします。
やっぱり顔にぴったりフィットしたものを選んだ方がいいですね。
マスクの適当なサイズの選び方でとっても有名なサイズのはかり方がありますが、ここでも簡単に紹介させていただきます。

  • 親指と人差し指でL字をつくる。
  • 耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当てる。
  • 鼻の付け根から1cm下のところに人差し指の先端を当てる。
  • 親指と人差し指の長さを測る。

11cm以下は子どもサイズ。
14cm以上は大きめサイズがおすすめのようです。
10.5cm~12.5cmは小さめサイズ。
12cm~14.5cmはふつうサイズが適当だそうです。
みなさんも参考にしてみてください!

菌やウイルスから守るためにはぴったり合ったマスクがいいけど……
「マスクが密着していると息苦しくて頭がぼーっとする」
「のぼせたような顔になって余計に具合が悪そうに見える」

なんて悩みを持つ人がいるのではと思います。
私がそうです。

そこで、今回はマスクの息苦しさから逃れるためのちょっとした工夫を教えます。
それは、ずばりM字折り!

まず、鼻にあてる針金の真ん中を外側が山になるようにひとつ折ります。

次にその両脇を谷折りしてM字を作ります。

これでおっけーです!
あとは山折り部分に鼻をあててマスクを着用するだけです。
これをやるだけでマスクのフィット感と息苦しさがちがうので是非やってみてください。

これからどんどん風邪やインフルエンザで具合悪い人が増えてきますので、みなさんも負けないように日頃からケアを大切にしましょうね。
手洗いうがいマスクの着用!
リラックスタイムも忘れずに。

今日も一日がんばりましょう。

-アイテム, 生活

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.