手書きPOP

POPを作る者として心得ておきたい3つのコト

スポンサーリンク

商品のPOPを作っていると、その作業が本当に「ただのお絵描き」ではないことがいたくわかると思います。

POPを書いて「売上げを上げる」とは。
いかに心を掴むキャッチコピーを書けるか、商品の魅力を伝えられるか、お客様に足を止めてもらえるか……
そういったことをたくさん考えながら、ひとつひとつPOPを書いていくと思います。

紙とペンさえあれば、いつでもどこでも書けるPOPですが……
後々こんなことを心得ておくといいかもしれない。

ということを、入社以来あちこちの店舗で手書きPOPを担当してきた私目線で書いていきたいと思います〜。

POP作り担当が心得ておきたいコトはこの3つ!

POPは書いて貼るだけじゃない。
POPを作る人だけじゃなく、取り扱うすべての人にも知ってもらいたいことも含めて、ご紹介します。

それがこの3つ〜!

  • 売場に貼ったら売上の検証をするコト
  • メンテナンスがしやすいものを作るコト
  • 他の人が作ったものの処分は丁寧に扱うコト

順番に解説します。

売場に貼ったら売上の検証をするコト

POPを貼ったら、必ず貼る前と貼った後の売上の変化をチェックすること。
POPはその商品を「売る」ために貼るのですから、当然数字を追います。

貼ってからの数字が変わらないのであれば、一旦そのPOPを外し、新しいアプローチを考える。
売れていない場合は、この繰り返しです。

私は2週間は見ることが多いですが、反応がいいPOPは1週間もせずとも結果が出ることがあります。

なので売場を見て、2週間しなくても商品がぜんぜん動いていないなと感じたら、すぐに書き換えるという手もアリです。

メンテナンスがしやすいものを作るコト

POPを作り続けてると、調子がいいときというのがあって……
調子がいいというか「調子にのってる」ときですね……

「なんかでかい販促作りたい!」「超絶目立つ販促にするんだ!」

と、はりきって「組み立てる」ようなものを作りたくなることがあります、あるんです。

それは、ぜんぜん問題ないし、実際それって楽しいからやりたくなるものなんですけどね。
作って売場に出したあとに注意してほしいことが「販促の破損」ですね。

すぐに修復できるレベルであれば問題ありませんが……
修復が難しい、あるいは何度も修復に追われるようなものは、なるべく作らないほうが、売場は保ちますよ〜。

はりきるのはいいけど、ほどほどにね! というハナシです。

他の人が作ったものの処分は丁寧に扱うコト

POPを新しくするタイミングで、それまで売場に貼ってあったPOPを外さなければならないこともあります。

古いPOPも作った人がいますから……
「いままでありがとう」という気持ちでもって最後まで大切に扱いましょう。

今もいっしょに働いている仲間のものなら、一言「どうする? 持ち帰る?」などと声をかけるのもいいですね。
何も聞かされずゴミ袋に自分の書いたPOPが入っているのを見つけたときの虚無感といったら……

POPを扱うすべての人が配慮してほしいことかもしれません〜。

書いて終わりにしないPOP作りは奥が深い!

ということで……

  • 売場に貼ったら売上の検証をする
  • メンテナンスがしやすいものを作る
  • 他の人が作ったものの処分は丁寧に扱う

ここまで考えることができると、POP作りはより楽しくなるかな〜と思うことでした。

書いて貼って、終了! にしない、POP作りをいいお仕事にしていければいいですね。
たのしくPOP書いて、売り上げに貢献するぞ〜!

それでは今日も元気にいってらっしゃい!

-手書きPOP

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.