手書きPOP

アナログで書いたPOPをアイビスペイントで書き直す

スポンサーリンク

みなさん、最近……来ていませんか。

私は、もう来ています。

なにがって……

花粉症です。

毎年、この季節がくると「ああ、ひどくなる前にお薬飲まなきゃなあ」なんて思うんです。
でも、そうこうしているうちに薬を服用しないまま日々を過ごしてしまい……

気がつけば症状が悪化。
鼻水ダラダラくしゃみ連発の悲しい結果に。

そんな思いをする前に、お客様にも早めの対応をしてもらおうと考え、POPでも作るか〜となるわけです。

昨年作ったアナログ手書きポップ

昨年はマスクが満足に行き渡らなかった年だったので、鼻炎薬デビューの人も多いのでは?
という思いから、こんなPOPを書いていました。

鼻炎薬は種類も豊富で、それぞれに特長があるもの。
だから、お薬選びで迷われている人はどんどん相談してほしい! と考えていました。

今年は第一類医薬品だったロラタジンが成分のお薬が第二類医薬品に変更されました。
お客様の選択肢が増えた分、私たちもいっそう知識を身につけて接客に臨まないとなりません。

その入り口として、今年もこのPOPに活躍してもらおうと思います。

今後も使えるようにiPadで書きかえました

とはいえ、現物のPOPは以前配属だったお店に残してきてしまったし……
写真も前章のものしか残っていなかったので、使い回すことができず。

アイビスペイントでそっくりまるっと書き直すことにしました。

残っていた写真を利用し、トレースするようなカタチで書き起こしました。
吹き出しの言葉の変更と「登録販売者」の表記の前に「医薬品」が追加。

あっという間に書きかえ終了〜です。

iPadで作るとずーっと手元に残るから便利

本当は、現物が残っていたり、きれいに写真が残っていたりした場合は、一部の修正のみでPOPをデータに残すことも可能です。

アナログで書いたPOPも、こうしてデータとして残しておけば……

突然店舗異動になった時も、新しいお店で活用できるかもしれません。
消費税の変更など、商品の価格が変わったときにも簡単な編集で繰り返し使えます。
写真を貼っているPOPなら、突然のパッケージ変更も怖くありません〜。

さて、早速新しいPOPを貼ってこよう〜。
今日も元気にいってらっしゃい!

スポンサーリンク

-手書きPOP

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。