やすみ 健康

「自分のため」は「誰かのため」になるのか? 最近こんなことをしました

スポンサーリンク

「誰かの役に立ちたい」という思いは、誰もが一度は抱いたことのある気持ちではないかと思います。

私にできることってなんだろう。
仕事では、お店に立ってお客様の健康の相談接客ができるけど……
日常で何かの役に立っていることってあるのかな。

そんなことを考えます。

最近こんなことをしました

地域のボランティアや、恵まれない人のための募金活動。
小さい頃からそういったものは身近にあった気がするけれど……

「やったほうがいいだろう」と思いつつも、なかなか参加できなかった自分がいたように思います。

「誰かのために」と思うと、なかなかハードルが高く感じますが……
「自分のために」やることが、結果誰かや何かのためになることはあるのかなと考えることもあります。

たとえばこんなことをやってみたんだけど、どうだろう。

ワクチンの接種を完了しました

感染症予防のワクチンの接種を2回とも終えました。

もちろん、これは自分自身が感染しても重症化しないためにすることであります。
でも、一人でも多くの人が接種することで「集団免疫」を作ることができるのだとしたら……

接種することがひいては「集団免疫」を作ることへの「社会貢献」なのかなと思いました。
特段打たない理由もないですし、自分ができることのひとつとして、打てたことはよかったと思います。

衆院選の期日前投票に行きました

今度の衆院選選挙の投票日は仕事のため、期日前投票しました。
母と祖父といっしょに投票に行ったのですが、投票会場は心なしか人で賑わっていたように思います。

投票ができる有権者として、みんな自分の暮らす毎日がもっといいものになるように投票しますよね。
私もそう、もっといい世の中になってほしい〜。

「いい世の中」にするのに自分が立候補することはむずかしい、けど、自分の考えに近い立候補者や政党に投票することはできる!
いなかったとしても、その「白紙」の投票用紙こそ自分の意思を伝える手段になります。

だから、政治のことはよくわからないと言って選挙に参加しないのはナシだと私はずっと思っています。
根本は自分のためだけど、自分の一票でみんなが暮らしやすい世の中になるとしたら、投票しない手はないです。

パンダ保護のための基金の資料請求をしました

「ジャイアントパンダ保護サポート基金」というものがあります。

この基金に寄せられた寄付金は、

  • ジャイアントパンダの保護に向けた普及啓発活動
  • 上野動物園のジャイアントパンダの飼育環境向上
  • 東京と中国が進める国際的なパンダの保護活動

など、パンダさんのためのさまざまなことに使用されます。

先日、10月28日は「パンダの日」(上野動物園にはじめてパンダが来た日だそうです)ということで……
上野動物園のSNSでは「今日やるパンダアクション」という企画を発信。

いまは上野動物園にもなかなか行けないので、資料請求して払込取扱票をいただくことにしました!

大好きなパンダさんが、もっと暮らしやすい世界にするために、微力ながら協力したいと思います〜。

#パンダアクション実践します

Twitter @t_k_d_a_y

上野動物園に行くことが叶わないので、募金箱への寄付はむずかしい。
まだ、資料請求しただけの段階ですが、この画像でとめたのは何かの縁だし……

募金の相手が大好きなジャイアントパンダと思うと、自分自身も救われるような気がしています。

自分も相手も救われるようなことってあると思う

けっきょく自己都合的な考え方かもしれませんが……

「自分以外の誰かのため」と考えるから、ハードルが高いのかもしれません。

「自分も幸せ」である上で「誰かを幸せに」できる手段があれば、こんなにハッピーなことはないですね。
自分のやることなすこと、誰も幸せにしていないなんて、悲観する必要もないと思います。

できることは、きっとある。
だから、毎日を前向きに明るく暮らしていきたいって思います。

今日も元気にいってらっしゃい〜。

-やすみ, 健康

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.