やすみ 健康

忙しい人のための! 高麗人参の魅力まとめ

スポンサーリンク

昼はお店であくせく品出しや接客。
家に帰ったらパソコン作業やお絵かき。
小腹が減ったな~、なんか食べるもの……

と思ってかばんの中をガサゴソしていたら、べこべこになったパッケージに入ったままの栄養ドリンクを発見。
大手メーカーの出す6年根高麗紅参使用が自慢のあのドリンクです。

ちょっと疲れがたまってきてるし飲み時かな~。

お店でも猛プッシュしているし、私自身もいざというとき頼りにしているこのドリンク。
高麗人参(紅参)がカギになっていることは間違いないのですが……

「高麗人参って一体なにものなの?」
「他のドリンクとちがってどんないいことがあるの?」
「どんな人が飲むものなの?」

という疑問があると思います。
今日はそんな疑問にお答えしたいと思います~。

高麗人参ってなに

高麗人参は薬用や食用に使われる植物です。
オタネニンジンとか、朝鮮人参とも呼ばれます。

野菜のにんじんとは、根っこの部分を使うっていうところだけ同じですが、全然違う植物です。

食用ではお茶にしたり、サムゲタンに入れたりして使います。
今日は薬用、生薬としての高麗人参を、もう少し掘り下げていきます。

「紅参」「白参」とは

高麗人参は「紅参」「白参」と、商品になると名前が変わりますが、元々は同じ高麗人参です。
加工方法で名前が変わります。

「白参」は、皮をむいて乾燥させたもの。
「紅参」は、皮をむかずに乾燥させたもの。

ちなみに「水参」というものに出会ったら、それは乾燥させていない生の人参ということです。

紅参は白参と比べて栄養がいっぱい入っていて保存もいいのが特徴です。
多くの成分表示で「ニンジン」と書かれているものは「白参」です。
「紅参」は「コウジン」と表記されるからです。

年根単位でランクがちがう

紅参はふつう何年もかけて栽培するもので、1~6年で区分されます。
紅参に含まれる栄養素「サポニン」が増えてきて、6年がそのピーク。
それ以上過ぎてしまうと、栄養が減り、小さく硬くなってしまいます。

だから、6年根高麗紅参は最高級の紅参となるわけです!
「サポニン」以外の栄養成分が豊富に含有されるのも、この6年根になります。

高麗紅参のいいところ

高麗人参の中でも紅参はスペシャルだということがわかりました。
では、どうスペシャルなの~ってところをもっと語りたいと思います。

何度も言いますが、高麗紅参のスペシャルなところは栄養成分が豊富なところ!
とくに「サポニン」という成分が豊富に含有されています。

高麗人参の「サポニン」とは

高麗人参に含まれるサポニンは「ジンセノサイド」と呼ばれていてめちゃくちゃいろいろあります。
その中でも大きく役割を分けると

気もちを鎮めてくれる成分
活力を与えてくれる成分

が存在します。
この二種類のはたらきをする成分のバランスがめちゃくちゃいいのが6年根。
なにがなんでも6年根です。

人参七効というもの

これら「サポニン」をはじめ、ビタミンやミネラルなどの栄養素も豊富にある高麗人参。
そのおかげで、さまざまな効果があるように伝えられてきました。

中でも人参七効というものがあって……

補気救脱 (元気を補って虚脱を救う)
益血復脈 (血液をつくって脈絶を元通りにする)
養心安心 (心を養って安心する)
生津止渇 (体の水液をつくって渇きを止める)
補肺定喘 (肺の力を補って喘息を止める)
健脾止瀉 (胃腸を健やかにして下痢を止める)
托毒合瘡 (毒を出してあざをいやす)

というものです。
かっこの中は私なりにくだけて解釈したものになります。
なんだかとっても体と心にいい感じしますよね!

こんな人に高麗人参を試してほしい

こうしてみると高麗人参って

エネルギー不足で元気がない
血液など体の体液が足りなくて栄養がめぐらない

という人には効果的かもしれませんね。

人参は元々、胃腸が弱い人の新陳代謝をあげたり、胸のつかえや食欲不振、疲労などの改善に使うような漢方に使われる生薬です。

たとえば、四君子湯や六君子湯は胃を健やかにする漢方薬です。
補中益気湯などは心身の疲れなどに作用する漢方薬です。

ストレスや心配事が続いて疲れちゃっている人にはちょっとしんどいかも。
(精神やられているときに明るい曲聴きたくないみたいな?)
どちらかというと気が抜けちゃって疲れちゃった人向けなイメージです。

「しっかり休んだのに疲れがとれないなあ」
「食欲わかなくて、エネルギーにかわるものほしいなあ」
「日頃から体調を崩しやすいから、もっと健康的な体になりたい」

とお悩みの人にはちょっとおすすめしちゃうかもしれません。

高麗人参パワーで元気もりもりになろう

「忙しい人のため」と言いながら、けっこう語っちゃいましたが……
私も飲んでる高麗人参のよさが少しでも伝わってもらえたのなら幸いです。

なんだか脱力、体が重いな~なんて日があったら、ちょっと頼ってみるのもいいかもです。
今日も元気にお仕事ができますように~。

-やすみ, 健康
-

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.