やすみ 健康

栄養や効能が気になるは職業病か ~たとえば桃を食べたら~

スポンサーリンク

今年の初物~。

おいしそうな桃をいただきました。

採りたての固めの桃は、甘くておいし~。

山梨県の人は、固い桃を食べるのってわりと一般的なんですが……
県外の人に聞くと「やわらかい桃しか食べたことない!」という人が多いですね。

まだ青さが残るようなときの桃が手に入るのは、産地の特権なのかもしれません。

ところで、最近ふと意識したことなんですが……
医薬品登録販売者という仕事に就いて、病気や健康などについて考えることがあるからでしょうか。

食べ物の栄養や健康面での効果って、気になりませんか。

たとえば桃の栄養ってなんだろう

今まで毎年、何度となく食べてきたこの桃ひとつとってもそうです。

これまでは「おいし~」で済ませてこれましたが、ふと気になりだしたら止まりません。

「あれ、桃の種って、生薬に使われていたよね」
「桃の葉ローションって、けっきょく肌にどういいんだっけ」

と、もぐもぐしながら思わず調べてみたので、ここにまとめてみます。

腸の活動に役立つ「ペクチン」が豊富

「ペクチン」は水溶性の食物繊維のこと。
おなかの健康を整えるのに役立つ栄養素です。

腸内の善玉菌を増やして、腸の動きを活発にするので……

便秘のときは便をやわらかくして排便を促します。
下痢のときは膜となり腸壁を守る役割をします。

おなかのトラブルが起きやすい人は、食べてみるといいかもしれません。

腸を健康に保つことで、栄養を吸収しやすくなります。
栄養が行き渡ることで体全体も調子がよくなって……
疲労回復にも肌荒れ防止にもつながるかも、なんですね。

乾燥させた桃の種子は「桃仁」という生薬

生薬に使われる「桃仁」は、乾燥させた桃の「種子」です。

桃を食べた後に残る、固い核の中にあるアーモンドみたいな形をしているものが種子。

桃仁は、主に「活血化瘀作用」(血行を良くして、血の巡りをスムーズにする)で使われます。
なので、女性の「血の道症」によく使われています。

桃仁が使われている漢方薬には、

  • 桃核承気湯
  • 桂枝茯苓丸

などがあります。
両者とも「月経不順」などに作用する漢方薬になります。

スキンケアには「桃の葉」が活躍

肌トラブルにいい野草として、桃の葉はテッパン中のテッパン。

桃の葉にはお肌にうれしい成分がいろいろ入っているのです。
ポリフェノールやタンニン、マグネシウム、エルムシン……

これらがはたらくことによって

  • あせもなどの皮膚トラブル
  • 日焼け後のスキンケア
  • 美肌によるアンチエイジング

などに用いられるようです。

桃の葉ローションにしたり、入浴剤にしたり。
桃の葉茶として飲用することもできます。

飲用することによって

  • 血液循環を整える
  • 利尿作用によるむくみ対策
  • おなかの調子を整える

などの効果も期待できるようです。

よりありがたみをもって桃を食べられる

たったひとつの桃から、これだけのことがわかりました。

こんな風に興味を持つようになったのも、やっぱり医薬品登録販売者であることの職業病なのでしょうか……

いずれにしても、またひとつ人生が豊かになった気がするので問題なしですね。
いっぱい桃を食べて、おなかもお肌も健康になるぞ~。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい!

スポンサーリンク

-やすみ, 健康

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。