手書きPOP

何度用意しても忘れてしまうお弁当を欠かさず持っていくようになった方法

スポンサーリンク

私の部屋には炊飯器がない、あらかじめ炊いておく必要性がないから。
その理由のひとつに「お弁当を作ってもどうせ忘れて会社に行ってしまう」という事情があります。

せっかく前日におかずをこさえて、あとはご飯を詰めて持っていく、としても……
お弁当があることを忘れて家を出てしまうんですよね〜。

これは実家にいるときからもそうで、冷蔵庫におにぎりがあっても、冷蔵庫を見ずに家を出てしまっていました。
だって朝はギリギリで動いていて忙しい〜。

でも、たまには多めに作ったおかずを、少しお弁当につめてお昼にも食べたいときがあります。
おかずだけでもお弁当にした方が食費の節約になりますし……

どうしたら忘れずにお弁当を持っていけるんだろう〜って考えていました。

玄関に書いておけばいいんじゃないか

実は実家にいるときから思っていたんですが……

紙に書いて貼っておけば、お弁当の存在を思い出して冷蔵庫を見るんじゃないかと。

ではどこに貼るのが一番いいのか。
冷蔵庫? そもそも見ないと言ってる場所に貼っても意味がない。
化粧をする鏡の前? 確かに必ず見るけど、そこを離れた瞬間に忘れてしまう。

そう、玄関に貼るのがイチバンいい。

玄関はぜったいに通らなければ外に出ることができないし、そこで思い出せればまだ引き返せます。

今までは実家だから、他の家族の目にも触れるしと思ってなんとなく実行できませんでしたが……
いまはもう一人暮らしの身なので、玄関を自由にカスタマイズできます。

玄関に手書きポップを貼ってみました

そこでこんな手書きポップを書いてみました。

お弁当のあるときだけ、前日にこのPOPを表に向けて貼っておけば……
どんなに忙しい〜朝でも、一瞬で「あっ」と冷蔵庫をチェックしに行けます!

めっちゃいいアイデア!

今のところ持って行き忘れは「ゼロ」に

すると、どうでしょう。

あんなに忘れて出かけていたお弁当でしたが……
この数日以来、何度か作ってもちゃ〜んと冷蔵庫を確認してから出かけられるようになりました!

またひとつ、笑顔で玄関を開けられるきっかけを作ることができました!

職場でお弁当を忘れてしょぼ〜んとなることがある人は、ぜひかわいいイラスト付きPOPを玄関に貼ってみましょう。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい〜。

-手書きPOP

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.