アイテム 仕事

新しい靴を買わなくちゃ! 仕事用のこだわり

スポンサーリンク

仕事で履いている靴がだいぶボロボロになってきたので、退勤後に靴屋さんへ。
よさそうな運動靴を2足みつけたので購入。
どうせすぐにボロボロになるから、と両方とも買っちゃいました。

靴は消耗品。
この3年くらいで何足履き潰してきたかわかりません。

ところで、仕事用の靴を選ぶときに何かこだわりはありますか。

仕事用の靴を選ぶ3つのこだわり

プライベートのものと比べても、仕事用の靴は求めるところがまったくちがいます。
何足も履き潰していくうちに、ここだけは譲れないというこだわりもでてくるものです。

そんな仕事用靴えらびの基準ともなるこだわりはこの3つです。

靴えらび3つのこだわり

  • なるべく安い価格のものから選ぶ
  • おしゃれは求めず機能で選ぶ
  • つま先まで厚い靴を選ぶ

なるべく安い価格のものから選ぶ

どんなに性能のいい有名ブランドの靴もぼろぼろになります。
仕事用の靴は、長くは履けないものだと考えています。

そんな靴に、毎回何千円もかけるのはもったいない~。

2000円くらいでセールになっている無名の靴売り場から基本的には探すようにします。

おしゃれは求めず機能で選ぶ

そんな安い靴の中でも、追求するべきなのは履きやすさ。
おしゃれでかっこよくある必要はありません。

薬局時代はコンバースのローカットのスニーカーを履いていても平気でしたが……
ドラッグストアでそれを履くと、実はとっても動きにくい!
とくに、しゃがんだときとかは足に痛みすら感じます。

歩いたときの軽やかさ、クッション性、サイズ感、などなど。
見た目のかっこよさより機能性を重視します。

つま先まで厚い靴を選ぶ

とくに私が注目しているのは「靴底の厚さ」
つま先までしっかり底に厚みのある靴を選びます。

つま先の靴底が薄いと、足がすぐ疲れる気がするんですよね~。
それに底が薄い靴って、すぐにすり減ったりしてだめになるのが早い気がします。

立ち仕事でストレスなく履き続けられる靴は、やっぱりみんなつま先まで底が厚い靴だったりします。

ボロボロになるまで働くぞ~

どんなに清潔でパリッとした白衣を着こなしていても……
最後の最後、靴がぼろぼろで汚いと台無しだと思っています。

日ごろのファッションも、靴のチョイスがイマイチだと、全体のコーディネイトがきまらなくなりますよね。
つまり、靴ってけっこう重要なアイテムなんです!

ぼろぼろに履き潰れるまで働いたら、ありがとうという気もちを持って、その靴とさよならする。
そして、新しい靴を履いて、またたのしくお仕事できればいいなと思っています。

きょうもたのしく働けることに感謝します。
元気にいってらっしゃい~。

スポンサーリンク

-アイテム, 仕事

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。