アイテム 文房具

コクヨ「GLOO」のテープカッターをしばらく持ち歩いてみた

スポンサーリンク

仕事ではハンディタイプのテープカッターを、カナビラ付きのチェーンを巻いて、腰からさげて持ち歩いています。

最初は100円ショップのよくあるテープカッターを提げていたのですが……
しばらくすると本体が割れたりして、何度も買い換えたりしていました。

何かイカしたテープカッターはないかな〜と探していた時に目についたのが、コクヨの「GLOO」というシリーズのテープカッターでした。

コクヨ「GLOO」テープカッター

「GLOO」のテープカッターは一見コンパクトに見えるので、ハンディタイプかと思いきや、実は置き型のアイテム。

ふつうの置き型のテープカッターと比べて、10分の1の重さとスリム体型。
底面に吸盤がついていて、置くと自立して使用することができます。

けっこうしっかりしていて、片手でテープを引いてもかる〜くカットできます。
切り口はギザギザではなく限りなくフラットな感じです。


持ち歩いてみた結果感じたこと

とにかくこのフォルムがめっちゃおしゃれ〜。
ふつうのハンディ型のテープカッターより確かに大きいけれど、これって持ち運んで使ってもいけるんじゃないの。

そう思って早速購入。

半年以上、腰にぶら下げて使用してみたので感想を書いてみます。

本体は一切割れず丈夫

100円ショップのテープカッターは、少し持ち歩いているとあちこちが割れてしまって、いつの間にかボロボロに。
でも、この「GLOO」テープカッターは使用し続けていて割れることは一切ありません。

テープカッターの機能抜群

テープカッターとしての機能も申し分ないです。
切り口がきれいなので、プライスカードを貼り直したり、売場の見た目が気になる場所もきれいに修正できます。

取付部分がよく外れる

「GLOO」テープカッターはカッター部分にテープ装着部分を噛み合わせてセットする仕組みになっています。
この部分が、歩いているとよく外れていることがあるんですよね。

本体が割と大きいから、足とかによく当たっているのかもしれません。
それでだんだんずれてきて外れちゃうのではないかと。

やっぱりちょっと重い

やっぱりふつうのハンディ型テープカッターと比べると重量感があります。
今は気にせずぶら下げていますが、最初は違和感がありました。

置き型として使う分には確かにコンパクトなのですが、実際常に持ち運んでいる中で、置いて固定した状態でこのテープカッターを使ったのは、片手で数えるくらいでした。

置き型として使うのがベスト

結果、この「GLOO」テープカッターに関しては、すなおに置いた状態で使用するのがベストだとわかりました。

場所もとらず片手でテープが切れる軽やかさ。
それでいてこのオシャレなフォルム。
このよさを最大限出せるのは「置いて使う」ということ!

実はその後、同じコクヨの「カルカット」というテープカッターに、大巻ハンディタイプがあるのを知ったのです。

形のかっこよさはやっぱり「GLOO」の方が勝っていますが……
こっちの方がいいんじゃないの〜と思って購入したばかりです。

サイズもグッとコンパクトで、持ち運びやすそう。
しかもテープの切り口も「GLOO」と同様にフラットな仕組み。

なので今日からこの「カルカット」を持ち歩こうと思います〜。
「GLOO」はおうちでの工作に活躍させよう。


お気に入りのアイテムを持って、今日もお仕事頑張ります。
元気にいってらっしゃい〜。

スポンサーリンク

-アイテム, 文房具

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.