手書きPOP

手書きPOPやチラシは全部を手書きしなくてもOKな話

スポンサーリンク

お店に勤めていると、ある日突然店長から「POP担当」を任されることもあります。
だいたいのPOP担当さんは、決して自分からなろうなどと思ったことがないのではないでしょうか。

「POPなんてどうやって書けばいいの〜」

なんて最初はパニックになりますが、時がたつとだんだん勝手もわかってきたりもします。
それでもPOP作成の悩みは尽きることがありません。

「いつまでたっても字はかわいくないし絵もブサイクだわ」
「もっと時短でぱぱっと作れるようになりたいわ」

もちろん多少ブサイクであっても伝わればOKだし、愛着も湧いていいものです。
でも、限られた勤務時間でPOP作成ばかりに時間を取らせるわけにもいかない。

だったら、手書きポップだけど全部が手書きじゃなくてもいいんじゃないか、という考えです。
たとえば、こんな手段がありますのでご紹介します。

POPパーツを駆使する方法

もうこのブログではだいぶおなじみだと思います。
POPをはじめとする販促のためのアイテムを制作する明和産業エルサム事業部さん。

オンラインショップ「めいわんポップ」を覗いてみるといろんなお役立ちアイテム。
その中に「POPカード」や「POPパーツ」というものがあります。

これらのアイテムの特徴は、すでにイラストが描かれているというところ。
自分が紹介したい商品に合わせたカードやパーツを選び、あとはちょこっと文章を添えるだけ。

こんな感じで、最初から女の子の絵が出来上がっていて、それに合わせて文字を書く。
全体のレイアウトも決めやすくておすすめの手段です。

素材集を駆使する方法

iPadでPOPを作る派な人もいます。
私もiPadを購入してからというもののその便利さに「なぜ今まで使ってこなかったんだ」と思わずにいられません。
商品写真を取り込んでのPOP作成とかも自在です。

その要領で、こういった書店などで販売している「商用利用可」な素材集の画像を利用するのもアリです。
いろいろ権利の問題などを避けるためにも「商用利用可」なことがポイントです。
表紙に表記があるので必ずチェックです。

ちょっとした挿絵や背景、フォントなど、こだわりたいけれど時間をかけられない人におすすめの手段です。

マスキングテープやシールを駆使する方法

手軽にかわいくPOPを装飾したいなら、こうしたマスキングテープやシールを利用しましょう。
単純な柄のものは幅広く使いやすいですし、季節に合わせた柄や色などを揃えてみるのもいいですね。

文房具屋さんや100円ショップなどに豊富に並んでいるこれらのアイテム。
いっぱいぺたぺた貼ってもけっこうかわいく飾れますよ。

書き上げたPOPにあとちょっと華やかさを足したい時などに活躍します。

かわいく目立って「伝わる」POPづくりを!

お気に入りの商品をこだわりの手書きポップで紹介したい!
でも、気合を入れすぎて時間ばかりかけていたら他の仕事が進みません。

適度に手を抜く、というのが正しいかわかりませんが、便利なアイテムに頼ってみるのもいいと思います。

大切なのは「上手な」POPを作ることではなく……
お客様に「伝わる」POPを作ること、です。

より多くのお客様に、商品の魅力が伝えられますように。
それでは、今日も元気にいってらっしゃい〜。

スポンサーリンク

-手書きPOP

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。