やすみ 健康

もうすぐ祖父は93歳。今日も元気です。

スポンサーリンク

今月5月は、私の祖父の誕生日があります。
今年で93歳になるうちのじいちゃん。

おかげさまで毎日を元気に過ごしているようです〜。

昨年、ぬり絵という特技を発見したじいちゃん

昨年の春から、グループホームで暮らすようになったじいちゃん。

高齢だけど、うちで一緒に暮らすには環境が整っていなかったので……
こうして誰かの目がある中で暮らせていることには私たち家族も安心しています。

でも、じいちゃん自身はこの生活をどう思っているのかな〜。
そう考えることもありました。

そんな中、じいちゃんは施設のみんなとぬり絵に挑戦。

こんなに上手に塗ることができて家族の私たちもびっくり〜!

それから、私たちはじいちゃんのために書店や100円ショップで大人のぬり絵を探し……
届けてあげると毎日ぬり絵をして楽しんでくれるように。

色えんぴつも24色から72色にますます増量

最初は24色の色えんぴつを買ってプレゼントしました。
じいちゃんは花や野菜の絵を塗るのが一番得意です。

もっといろんな色があったらじいちゃんも楽しいだろうな〜と思い、今度は120色の色えんぴつを購入。
たくさんの色えんぴつにとても喜んでくれました!

中でも明るい色を好んで使っているようで、その色えんぴつもどんどん短くなっていきました。
なので、この間暗い色を抜いた72色の色えんぴつを買い直したばかりです。

じいちゃんが塗り絵を塗るところを観察

じいちゃんはこの日、風景のぬり絵を塗っていました。
同じ施設の人に、この絵を塗ってほしいと頼まれたんだ、と言うじいちゃん。
翌日までに完成させるそうです。

ぬり絵を塗ると言って、じいちゃんが取り出したのは、なんとふつうの黒いえんぴつ。
それで、山の淵をなぞるように、風景を塗り始めました。

「私だったらふつうに緑で山の白いところから塗り始めちゃうな〜」と私の母。
それは私も同感です。

この一年で何冊もぬり絵を完成させてきました。
花の絵ならと、同じぬり絵でもいいからということで、同じ冊子も買っています。
それでも、いつも初めて塗るように楽しみながら塗ってくれています。

80を過ぎても現役ばりばりで働いていたじいちゃん。
今、こうして穏やかに元気に過ごすことができていることに、よかったなあと思うばかりです。

93歳の誕生日も笑顔で迎えられますように

じいちゃんはもうすぐ93歳になります。

人生は太く短く、と思っていた私ですが……
今のじいちゃんの様子を見ていると長生きもしてみたら面白いかなと思ってきました。

いつまでも元気で穏やかなじいちゃんでありますように。
今日もすてきな1日にしましょう!

元気にいってらっしゃい〜。

スポンサーリンク

-やすみ, 健康

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.