やすみ 食べ物

勉強中におやつって食べる? 頭を使うと○○が欲しくなる!

スポンサーリンク

新しいお店に配属になってからというものの……
毎日毎日考えることばかりで頭がパンクしそう〜。

先日は無性に甘いものが食べたくなって、休憩中にコンビニで買ったティラミスをおいしくいただきました。

ティラミスにジュースと、急に甘いものを摂りすぎたような気もします。
考えごとをしたり勉強をしたりして頭を使いすぎたときには、どんなものを食べたらいいのでしょう。

頭を使っていると甘いものが欲しくなるワケ

勉強したりして甘いものが欲しくなるのは、脳が消費する「ブドウ糖」が足りなくなるから!

ブドウ糖は脳のエネルギー源だけど、蓄積することができず消費するばかり。
だから、新しくブドウ糖を供給する必要があるので、甘いものがとっても欲しくなる〜のです。

それから、甘いものはストレスを軽減するとも言われています。

甘いものをとると、幸せのホルモン「セロトニン」が分泌しやすくなるそうです。
だから、甘いものを食べるとリラックス感を得られるということ。

「少量の」甘いものは、低血糖が改善されて集中力も高めます。

摂りすぎるとインスリンが出過ぎることで、逆に低血糖に陥ります。
食べ過ぎは禁物ですね。

勉強中のおやつに食べがちなもの3選

そんな頭が疲れてきちゃっているときに効果的なおやつってあるのかな。

そこで、自分やまわりが勉強中に食べていたおやつで……
「これは効果的では」と思うものを書いてみます。

ブドウ糖タブレット

脳がブドウ糖を欲しているのだから、直接ブドウ糖をなめてしまえ、という手段。
個包装のものもあって、持ち運びにも便利です。

ブドウ糖タブレットの他にもブドウ糖の含有量が90%のラムネもあります。

チョコレート

砂糖たっぷりのあま〜いチョコレートではなく……
カカオの含有量が高い「ダークチョコレート」は、私もよく試験前にほおばっていました。

カカオには高い抗酸化作用があります。
酸化ストレスを軽減し、記憶や学習の認知機能を促進させる効果もあるかもです。

バナナ

バナナ1本食べるだけで、さまざまな糖質以外にも効率よく栄養補給ができますね。
試験当日の朝ごはんにもプラスできる最強フードといってもいいかもしれません。

バナナはセロトニンの原料「トリプトファン」という必須アミノ酸を含みます。
しかも「トリプトファン」だけでなく「ビタミンB6」そして「糖質」を含んでいます。

バナナ1本でセロトニンがんがん合成できちゃう最強おやつです。

バナナが最強なのはわかっているけど

そう、バナナが最強なのはわかっている。

朝ごはんに困らないし、手軽に栄養補給ができるなんて最高に便利食材です。

でも……

でもなんだけど……

私は、この世で唯一、バナナが食べられない。

私もチョコバナナをうまいと言いながら食べられる人間でありたかったですが、ちょっとそれは無理そうです。
ごめんなさい、たぶん小さい頃に一生分のバナナを食べてしまったんです。

勉強や仕事に行き詰まったら、今日紹介したおやつ、食べてみてください〜。
それでは、今日も元気にいってらっしゃい!

-やすみ, 食べ物

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.