やすみ 趣味

続・手相のふしぎ? 絶対に引っかかる信号機のハナシ

スポンサーリンク

私の手のひらには変わった手相が刻まれていて……

こんなふうなばつ印が存在します。

これは俗に「霊感」の手相と言われていて、この手相がある人は霊感が強いそうです。

以前、この話題で私の母のとんでもエピソードを紹介しました。

母も私もこの手相の持ち主で……
でも、さすがにそこまで強力なエピソードを私は持っていませんでした。

ところが、最近「あれ、もしかしてこれは」ということに気がついたので、ここで紹介させてほしいのです。

いつも必ず引っかかる信号機がある

勤務地が変わったことで、自ずと通勤路も変更になりました。

行きと帰りでちがう道を通っているのですが……
帰りの道で通過する信号機が、私が通る直前で絶対に赤信号に変わります。

今でこそ通勤路として毎日通過していますが……
それまでも何かと利用している道路なので、その信号機の存在はわかっています。

「よくこの信号機で止まるな〜」
くらいにしか思っていませんでしたが、ふと、疑問に思ったので帰りに母に聞いてみたのです。

「あのさ、押しボタン式の信号機が、ボタンを押さずに変わることって、ふつうあること?」

ボタンを押さなければ変わらないはず

そう、私がいつも足止めを食らっている信号機は「押しボタン式」なのです。
つまり、その信号の横断歩道を渡る歩行者がいなければ、ふつうは信号が赤になることはありません。

でも、私が赤信号で停止するとき、横断歩道を渡る歩行者が存在したことが一度もないのです。

早番の帰りも、遅番の帰りも、そして日ごろその道を通るときも……
なぜかその信号機は、私が通る直前で赤に変わり、誰も渡らない横断歩道を開放するのです。

気になって周辺を調べてみたらやっぱり

私はGoogleマップを開いて、その周辺に何があるのかを調べてみました。
すると……

横断歩道を渡った先には、両脇に寺院や神社が存在。
墓地が広がっている可能性もありました。

だから、私は思ったのです。

「横断歩道は、たぶん、誰かが渡っている」

誰かが押すだけ押して立ち去っているとか

「交通量の多い道じゃないから、誰かがボタンを押すけど、車がいない隙に信号が変わるのを待たずに渡っているんじゃない?」
と、母。

毎回? いつも?

時間帯もバラバラの中、わざわざ私の車が通る前にそんなことをする人が大勢いるものでしょうか。

そもそも町を「歩く」人さえも珍しい地域です。
(だいたい移動手段はどこへ行くにも「車」のことが多いので……)

早番の帰りである夕方ならまだしも、真っ暗闇の遅番帰りの時間に、誰がどこへ行くのやら……

幽霊を見たことはたぶんないし霊感も強くないはず

「霊感」と言われて「いやいや、幽霊も見たことないし霊感なんてありませんよ」と思うかもしれません。

でもそれは、自分が気がついていないだけで……
他人から見たら「いやいや、それ、おかしいよ」なんてこともあるかもしれません。

もしかしたらそれは、目に見えていない何かが起こしていること、かも。

信じるか信じないかは……あなた次第!

それでは今日も元気にいってらっしゃい〜!

-やすみ, 趣味

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.