就職 資格

履歴書の面倒くさいを越えていけ! 採用される書き方3つのポイント

スポンサーリンク

以前「採用活動はお店に入れる最初の電話の時点で始まっている」という話題の記事を書きました。
その内容はこちら。

電話が採用担当とつながり、無事に面接の約束がとれたら次に用意すべきは、そう「履歴書」です。

たった1枚の用紙に書かれた自分の情報。
たかが履歴書、されど履歴書。

書き方ひとつで自分の印象は変わるものです。
ここも抜かりなくやりたいところです。

ということで、今日は正社員・アルバイトすべてに共通する……
私が思う「採用されるための履歴書の書き方のポイント」をご紹介します!

求職活動時の「履歴書」を書くうえで大切な3つのポイントはコレだ!

私の経験上、面接官(店長など)がどんなに面接の印象はいいと言っていた人でも……
履歴書に違和感を感じた人というのは、少し難しい人が多いように感じます。

その人のすべてを履歴書から判断することはできないかもしれません。
でも……

その用紙1枚さえも大切に扱えない、重要に思えない。
履歴書をちゃんと書けないというのは、どこか仕事にも影響が出てくるのではと思われてしまうきっかけになります。

そんなマイナスイメージを持たれないためにも、押さえておきたい「履歴書の書き方」ポイントはこの3つ。

  • 手書きはゆっくり丁寧に字を書く
  • すべての項目をとにかく埋める
  • シミや折れを作らない

手書きはゆっくり丁寧に字を書くべし

手書きって面倒くさい。
間違えたら最初から書き直しだし、字を書くのも苦手。

でも、履歴書の文字は「きれい」である必要はないのです。
大切なのは「ていねいに」書かれているかどうか。

誤字脱字だらけでしまいには二重線で修正なんてされていた日には……
そんな人いないよ〜と思うような履歴書は、本当にある履歴書です。

「好きな人に宛てる年賀状」くらい、ゆっくり心のこもった字を書くのを目指してみましょう。

すべての項目をとにかく埋めてくるべし

名前や住所、学歴職歴、志望動機……
など、履歴書にはいろんな項目がありますが、とりあえずすべてに何か書いてあるようにするべきです。

アルバイトの応募だしたいした志望動機もないという場合でも
「生活費の捻出のため」とか、とにかくなにか書いてあるだけでもちがうんです。

本当に何もなくても「なし」と書いてあればいいんです。
すべての項目を「埋める」というきもちを大切にしてほしいです。

証明写真を貼らないのも良くないです。
これも、そんな人いないと思われがちですが、本当にある履歴書です。

シミや折れを作らずきれいに送りだすべし

汚れた履歴書を出す人も印象よくありません。

これは汚れに気づいていなくても「配慮や注意が足りない人」だと思われるし……
気づいていて出したのだとしたら「適当でいいかげんな人」だと思われるだけだから、何もいいことありません。

履歴書を書くときは汚れの原因となりそうなものは周りに置かない。
テーブルの上をきれいに拭いてから紙を置く。
インクを擦らないようにていねいに書く。

などの気配りで、いくらでも汚れを回避できます。

提出するまでも、くちゃくちゃにならないようにクリアファイルに入れて出すなどの配慮が必要です。

履歴書は面倒くさい! その面倒をくぐり抜けた人が採用されるもの

履歴書作るのって面倒くさいですよね。
私もこの作業が嫌だからもう転職は考えない部分もあるかもしれません……

だけど、本当に採用されたい職場なら、この「面倒くさい」をくぐり抜けるべきなのです。

そこをクリアした人にこそ、明るい未来が待っていてほしいな〜と思います。

あなたが楽しくお仕事できる日がやってきますように!
それでは、今日も元気にいってらっしゃい〜。

-就職, 資格

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.