仕事観

閲覧注意?! コロナウイルス対策の新たな弊害

スポンサーリンク

コロナコロナという間に、とうとう6月になっていましたね。
2020年も、もうすぐ折り返してしまいます。

マスクの着用やレジのビニールカーテンの使用など、引き続きお店では感染症予防対策を行っています。
でも、ウイルスが流行し始めてから時が経ち、新たな悩みも出てくるように。

その悩みの原因となる対策は「お店の入口の自動ドアを開放する」こと。
「密閉」を防ぐためにとられた対応ですが、まさかこれを行うことによってこんなことが起きるなんて、思いもしませんでした……

いろんな虫たちがご来店されるようになった

山梨の片田舎。
周りは果物畑が広がるような地域です。
開放されたドアは、多くの招かざる客? を呼び寄せてしまっていたのです……

クワガタに遭遇したと多数の従業員から報告

夏の風物詩、野生のクワガタを目撃したという情報が、多数寄せられています。
実は私もすでにお会いしています。
でも、そのクワガタは誰かに踏まれたのか、すでに息絶えた状態でした……

昨年の夏はカニも歩いていたりしたので、季節っぽいお客様もわりと見かけるようになるかも。
カニやクワガタくらいなら全然いいですよ。

店内を徘徊する巨大ムカデに遭遇

レジを開けるようにアナウンスがあったため、作業を中断しレジへ走ることになったとき。
レジに向かう道中、床に何か落ちているのが遠目にわかりました。

近づいてみるとそれは……
なんと長くて太いおおきなムカデ!

思わず「キャー!」と声を上げてしまったものの、レジを開けなければならないのでムカデを無視しそのまま走る私。
レジを打ち始めしばらくすると、遠くに店長がムカデとたたかう音が響いていました……

夜になるとカナブンの来店率が上がる

日も暮れて町の灯りが少なくなり、だんだん町がお休みモードに突入してきたころ、虫さんのご来店のピークになります。

街灯もない暗闇に、ドラッグストアの灯りはさぞ明るく灯っていることでしょう!

例年、夏が近づくにつれてカナブン先輩の来店は増えてくるものですが、今年はコロナウイルスの影響かご来店率も高く感じます。
また、カナブン先輩以外にもご新規のお客様も増えている模様。

足がいっぱい系の虫のご来店は勘弁してほしい

とにかく対応に困ります。
自然がいっぱいの山梨県なので、これからも見たことがないようなお客様が来そうでこわいですね。
冷房も入れられないですし、感染症予防とはいえちょっと考えた方がいい対策方法だと感じています。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい~。

スポンサーリンク

-仕事観

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。