アイテム 文房具

フレームマンスリー手帳2021を予約!

スポンサーリンク

先日、私宛に「ダイゴー株式会社」さんから封筒が。
なんだろ~、最初はまったくぴんとくる名前ではなかったのですが、開けて納得!

新しい手帳の先行販売のご案内でした。
そうか~、もうそんな季節なんですね。

私はもう生涯この「フレームマンスリー手帳」以外の手帳は使うことがないんじゃないか。
というくらい、今の生活スタイルにぴったりのすばらしい手帳。

今年もさっそく予約しました。
届くのが楽しみ~。

フレームマンスリー手帳2021がたのしみなところ

「フレームマンスリー手帳」だけを利用するようになって、次で3年目になります。
でも、やっぱり新しい手帳を持つときってとってもわくわくしますね。

今回はどんなところにわくわくしているかというと……

フレームマンスリー手帳のたのしみ

  • 表紙の色をキャメルにしてみた
  • ひと月のフレームが進化している
  • 来年は年間計画欄も書いてみようかな

表紙の色をキャメルにしてみた

今まではモノクロや青が基調の色が多かったフレームマンスリー手帳。
女性だけでなく男性が使っていてもおしゃれな印象です。

そんなフレームマンスリー手帳の来年の新色は「キャメル」です!
表紙からペンホルダーの部分まで同じキャメルを使用。

明るい色味がまた今までと違う雰囲気を感じて、思わずポチってしまいました~。

ひと月のフレームが進化している

「フレームマンスリー手帳」は、名前の通り1ヶ月が太枠のフレームで囲われている手帳です。
1ヶ月という枠がはっきり見えることで、月初から月末を意識できるので、ひと月の忙しさのバランスがとれるというデザインです。

この、1ヶ月のフレームがさらにパワーアップします。

この太枠の外が、グレーに染まるそうです。

そうするとさらに、1ヶ月の枠がくっきりと浮かび上がってきますね。
より予定が見やすくなっているんじゃないかと、期待しています。

来年は年間計画欄も書いてみようかな

私がこの「フレームマンスリー手帳」を利用している理由は、なんといってもマンスリー欄の使い勝手の良さ!

一日の枠も広くて書きやすい。
それにマンスリー以外の余計なページが全然ない。

というのが一番の魅力とお伝えしてきましたが……
実は今までにも年間計画欄は存在していました。

こういう円グラフになってて、だいたいこの月にはなにをやって~みたいなグラフにするページ。
なんだか夏休みのスケジュールを組むみたいですよね。

「年間のスケジュールなんて全然わからないし、意味あるのかなあ」

というのが、私の今までの考え方でしたが……
ちょっと見方を変えて「やりたいことリスト」をこなしていくためのスケジュールにするのはどうだろうと考えました。

100個のやりたいことから、その年に実現したいことを厳選して、1年間に組み込んでみる。
すると、その目標のために今月はがんばろ~って、前向きになれる!

なんかちょっと、おもしろそうな気がしませんか?

手帳が届いてから、使えるまでしばらく時間があるので、その間はこのページを充実させていくのも面白いかな。

来年も手帳の中身を充実させたい

コロナ禍でいろんな予定でいっぱいにする~っていう充実化はできるかわかりません。
でも、やりたいこととか希望とか、自分がほしい情報とか、いろんな要素で充実できる1年間にしたいなと思います。

「フレームマンスリー手帳」はとってもおすすめな手帳です。
来年の手帳に迷うあなたは、ぜひ手に取ってみてください~。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい!

スポンサーリンク

-アイテム, 文房具

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。