やすみ 健康

意識して飲む! 「水」の摂り方その後の変化

スポンサーリンク

お客様には

「熱中症対策には水分補給は欠かせませんよ」
「便秘解消のために朝お水を飲んでくださいね」

などというアドバイスをする私ですが……
自分自身はほとんどと言っていいほど水分補給をせず生きていました。

どのくらい水分を摂らないかというと……
1時間のホットヨガで500mlペットボトルの水が1本、飲み切れないことがあるくらい!
汗をかきにくい体質というのもあり、とにかく水を摂る習慣がありませんでした。

そんな私がここ最近、意識して水を摂るようになりました。

意識して水をとるようになったワケ

理由としては「このままじゃいかん」という意識もそうですが

  • コーヒーを控えた代わりになる飲み物として選んだこと
  • 身内が尿管結石になった姿を目の当たりにして怖くなったこと

が主なワケ。

以前、コーヒーを控えたらコーラを飲むようになってしまったということを記事に書いたことがありました。

コーラなんて毎日飲んでたら、コーヒー飲んでたほうが体に良かった、なんてことになるのでは!
と思って悩んでいたところ、水を飲もう、ということになりました。

その大きなきっかけとして「身内の尿管結石」がありました。

尋常じゃない痛がり方に、救急車を呼ぶレベル。
ガンなんじゃないかという不安もよぎりました。
ガンじゃないと分かったら分かったで、今度は石が出るまで痛みが続くという宣告。
しかも結石は再発率が非常に高い……

恐怖でしかありません。

私とちがって、身内は汗っかきで、ふだんから水を飲むようにしていましたが、それでも水分が足りなかったようです。
今では2リットルペットボトルを飲み干す勢いで毎日過ごしています。

このままでは私も結石コースだな……
そう感じ、意識して水を飲む生活に変えました。

水のとり方「こんなところを意識している」

そんなこんなで水を飲む生活もしばらく続けてきました。
とくにこんなところを意識して飲むように心がけています。

ポイント

  • 起き抜けに水を飲むようにする
  • なるべく常温の水を飲むようにする
  • 勤務中に500mlペットボトルを飲み切る
  • 朝のコーヒー以外の飲み物は極力水を選ぶ

起き抜けに水を飲むようにする

お客様に日ごろから伝えている便通改善法であること。
寝ている間にどろどろになった血行の改善法であること。

などなど、朝起き抜けの一杯のお水には健康の秘訣がつまっています。

ベッドの枕元にペットボトルをスタンバイして、起きたらすぐ飲めるようにしています。

なるべく常温の水を飲むようにする

最初の頃は冷えていたほうが飲みやすく感じていたのですが……
なるべく常温のお水を飲むようにしています。

冷水はからだを冷やす原因にもなりますから、とくに意図がなければ常温です。

いちいち冷蔵庫から出し入れするよりも、さっと取り出してぱっと飲みやすいですし。

勤務中に500mlペットボトルを飲み切る

本当は1日2リットルくらい飲んだほうが健康上いいのかもしれませんが……
元々水を飲まなくても過ごせる体質だったので、まずは無理せず500mlペットボトルを、勤務中に飲み切ることを目標にしていました。

最近はもう無理なく飲み切ることができます。

朝のコーヒー以外の飲み物は極力水を選ぶ

朝のコーヒーは脳をしゃきっとさせるために効果的とわかっていますが……
それ以外に飲み物を飲む場面は、水を飲んでいるようにします。

カフェインや砂糖など、余計なものは一切摂らずに、水分だけ確実に摂っています。

意識して水をとるようになって変わったこと

よく水を飲み続けていると「美肌効果」「むくみ解消」などの効果が見られると聞きます。

私はまだそこまでの効果はわかりませんが、まったく水を飲んでこなかった人間なりに、感じている変化もあります。

水を飲むのに慣れてきた

最初は水なんてなんにも味しないし、続くのかと思っていましたが……
家族の「3日も続けていれば慣れるよ」という言葉を信じ飲み続けていました。

結果的に、たしかに慣れて、お水がおいしいとさえ思います。

お茶やジュースを求めなくなった

なので、特段ジュースはもちろん、お茶なんかも飲みたいと感じなくなってきました。
コーヒーはちょっとやめられないけど……

特別何もなければ、水以外の飲み物を飲まなくても全然平気になりました。

健康のためにも続けていきたい習慣

今まで水を飲む習慣がついてなかったことで、自分が感じてきた弊害はなかったけど……
水分不足が原因の体調不良を目の当たりにすると、やっぱりこわ~いもの。

明日は我が身と考えて、こまめに水分補給。
徐々にその量も増やしていければいいなと思います。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい~。

-やすみ, 健康

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.