ヘルスケア 接客

指をはさんだ! 応急処置の方法を教えました

スポンサーリンク

30代くらいの女性が、自身の手をかばいながらお店へ訪ねてきました。

「ドアに指を挟んじゃって……どうしたらいいですか」

見ると、指の先が紫に変色していて痛々しい……
血は出ていないようですが、果たしてどうすべきでしょう。

まずは骨折や脱臼を疑ってみる

「指、動かせますか。あ、無理に動かさなくて大丈夫ですけど……」
「一応、動かせます。でも、やっぱり痛くて、こんな色だし、どうすれば」
「指の変色は内出血だと思います。それに加えて、腫れがどんどんひどくなっていくようなら、骨折などが考えられます」

整形外科など、病院へ行かれるのが間違いないと提案しましたが、骨折していないかもしれないし、応急処置の方法を知りたいということだったので、できる限りの方法を教えることに。

傷のない内出血は冷やすことを提案

「血は出ていないので、傷はないと考えていいでしょう。こういう場合は、基本的に患部を冷やします」

方法としては、氷のうを使用して患部にあてる。
ない場合は、バケツなどに氷を入れてとにかく冷やす。
最低でも30分以上、痛みがひくまで冷やしたままでいるのをおすすめしました。

あたためるのは痛みが増すのでNGです。

「冷やすのなら、冷却シートみたいなのでもいいんですか」
「ああ、ああいう類のものは冷たいと感じるだけで、実際に体を冷やしてくれているわけではないんですよ。せめて、保冷剤とかをあてていただければいいと思います」

痛みがひかない場合は病院の受診を

「もし、冷やしても痛みが引かないとか、指の腫れが増してくる状態でしたら、骨折が考えられますのですぐに病院へ行ってくださいね」

半日たっても患部にしびれを感じるときなども、病院の受診をおすすめします。

「骨折してるしてないにかかわらず、我慢できないような痛みになってきたら病院です」
「わかりました。ありがとうございました」

お客様は氷のうとロックアイスを手に帰られました。

痛みは無理に我慢せず病院も視野に入れて

なるべく病院のお世話になりたくない気持ちもわかりますが……
どんな状況でも本当に痛い場合はまっすぐ病院を頼るというのも手段だと思っていいです。

ご自身のからだを一番に大切に考えましょ〜。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい!

-ヘルスケア, 接客

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.