仕事観

残業をしないのは○○がないから? 無理せず毎日を楽しく働きたい

スポンサーリンク

基本的に、私は残業をしません。

会社が残業をノーとしているということもあるんですが……
あるとき、ふと気がついたんです。

残業をするほど仕事をする「体力がなくなっている」ということを。

学生時代はバイトの通し、十何連勤なんて余裕だった

学生時代はいくつかアルバイトをしていましたが……
学校へ行く以外ずーっと働いていても、毎日ぜんぜん元気でした。

お好み焼き屋さんを通しで入ることもあったし……
ラジオのワイド番組のオンエアが終わったその足で、お好み焼き屋さんラストまで働いたり。

気がついたら十何連勤と働いていたりなんてこともざらでした。

しかも、それ以外にも友達と遊んだりライブ行ったり、課題作品の制作に追われていたりしていたから、ずっと寝不足。
寝るのがもったいないくらい楽しい日々を送っていました。

いまはきっちり8時間労働で疲れを感じるように

でもなんだろう、30を過ぎた頃から……

どんなに楽しいお仕事も、8時間働くと、ちゃんと疲れるんですよね。

たまに私も「これ、ちょっと残ってやっていけば、ちょうどキリよく終わるな」と思うときもあるんです。
ちょっと30分、いや15分だけでも時間があればいけるんじゃないかと。

でも、定時になった瞬間「残る? ムリ! 帰ろう!」てなります……
だってもう、いっぱい働いて疲れちゃったんだもの!

帰ったら、ブログ書いて、一刻も早く眠りたい。
理想は7時間睡眠。

夜ふかしした翌朝は、眠気との戦いです……

もう「無理ができる年齢」を過ぎてしまった……

シンプルに、体力がなくなってきてるんです。

「無理ができる」ほどの体力が、30になったらなくなっちゃった!

自分のことを「もう若くない」とは思いたくないですが……
「若いつもり」で同じテンションでいこうとすると、取りこぼしが出てくるんですよね。

逆に、若いときは無理をしなければ周りに追いつけなかったのを、年齢や経験を重ねていくことによって、無理をしなくても大丈夫になったんだと思いたい。

落ち着いてクールにものをこなす余裕をかますステージにきたんだと思いたい。

食事と睡眠、そして運動がいつしか大切な存在に

若いときと同じくらいの体力や思考力を備えるには……
食事で摂る栄養バランスや十分な睡眠、適度な運動が本当に大切になってきました。

とくにひしひしと感じるのは「運動」
大人になってから、体を鍛える人が増えていると思うのは、そういうところもあるのかな〜。

私たちが日頃やっているのは「労働」であって「運動」ではないことを肝に銘じ……
何か本格的に運動する機会を作らねばと、考えています。

よく鍛え、よく休む。
年齢を言い訳にしないための、習慣を身につけていくぞ〜!

今日もすてきな1日になりますように!

-仕事観

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.