アイテム 文房具

手書きPOPでも大活躍! コピックを少しずつ揃えてみた

スポンサーリンク

今月も無事にお給料をいただくことができたので、月に一度の自分へのごほうび!
仕事終わりに文房具屋さんへと向かいました。

今月のごほうびは前々から絶対に買うと決めていた代物です。

それは、ポップを書くのにも大活躍のコピック!
発色がきれいで塗りムラも目立たないコピックは、手書きポップにイラストを描くのにも欠かせないアイテムです。

今回は、以前から買おうと思っていた色を7本手に入れました!

7本揃えることで残りのコピックと合わせると12本入れケース2つ分がきれいに収まるのです。

今揃えてある色はこんな感じです。(括弧内は大体の色のイメージです!)

Y02(黄色)、YR04(橙色)
E00(うすい肌の色)、E02(肌の色)、E47(茶色)

W-7(うすくてあたたかい灰色)、W-5(もっとうすくてあたたかい灰色)
C-1(とてもうすい灰色)、C-3(うすい灰色)、C-7(灰色)

R27(赤色)、R05(濃い桃色)、R22(桃色)
V01(うすい赤紫色)、V09(紫色)、BV00(うすい青紫色)

B28(青色)、B02(水色)、B00(うすい青色)、BG23(うすい青緑色)
G00(うすい緑色)、G02(緑色)、G07(濃い緑色)、YG41(黄緑色)

中でも使用頻度の高い色はこちらですね。
肌の色や髪の色、ほっぺの色、口の色……と、人物を描くのに共通した色が多いです。

肌の色がかなりの頻度で使うし、使用範囲も広いことが多いので、ひたすら買い足し買い足しです。
本当は詰替用インクもあるらしいですが……

あと、最近めったに書かないですが、白黒の印刷物を書くときにはこちらを使って色塗りします。
なかなか微妙なちがいの色ですが、印刷してみるとしっかり明暗のちがいが出てくれますよ。

原色のような濃い色のコピックよりも、うすめの色のコピックを揃えていた方が、何かと使いやすい気がします。
人物の洋服の色とかも、淡い方が見やすいしなじみやすいですね。

コピックって一本がけっこう高価なので、一気に買うことができず、こうして少しずつコレクションしているような感じになります。
でもまたそれが、より愛着がわく理由かもしれません。
仕事で使えるときがくるのが楽しみですし、お気に入りのものに囲まれて仕事をすることで、もっと楽しく仕事ができるような気がしてます。

これからもコピックで魅力的なポップを書けるようにがんばります。
いつも楽しく仕事ができることに感謝します。

-アイテム, 文房具

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2023 All Rights Reserved.