ブログ

キリがない?! ブログの3つの「ない」を払拭

スポンサーリンク

医薬品登録販売者として働きながら毎日ブログを更新しています。
アラサー女の靉(あい)といいます。

読んでくれるあなたが前向きな気持ちで一日が始まれるように、明るい記事ばかりを投稿することを心がけて、現在開設から2年目。
この記事がおよそ420記事くらいですね、ほぼ毎日更新し続けています。

最近、登録販売者界隈でも、ブログを開設する人たちが増えているように思います。
登販ブロガー仲間が増えてきてとっても嬉しい!

でもさすがに1年以上毎日記事を更新している人は見かけませんね~。

せっかくブログを始めたのだから、どうか末永く続けていってほしい!

そこで、2年目ブロガーの私が見ていて感じた「ブログが続かない」理由を3つ紹介します。

欲望のレベル上げすぎたことでナイナイばっかでキリがなくなってしまう前に……
少しでもブログが続けられそうな考え方や運営方法をちょこっと教えちゃいます。

ブログ運営を妨げる3つの「ない」はこれだ

私が見ている限り、とくにこんな「ない」にぶち当たって挫折する人は多い気がします。

  • 時間がない
  • ネタがない
  • 文才がない

ぶっちゃけブログが続かない理由はこのほかにも……
「アクセスがない」「稼ぎがない」「反応がない」
などなどありとあらゆる「ない」で構成される気がしてなりません。

その中でも代表格ともいえる3つの「ない」への意識を、今日変えていきたいです。

時間がない

「忙しくてブログを書く時間がない」という理由です。
とくに会社員や主婦の人は、本業が忙しくてブログにまで手が回らず挫折……
となってしまうようです。

もともと時間は「作る」もの

ブログを書く時間なんてものは最初から「ない」と思っています。


作らなきゃ!


でも寝る時間を削ったり、仕事を辞めたりするのではなくて……

ちょっとスマホゲームをする時間をブログにあてたり。
ぼーっとなんとなくテレビを眺める時間をやめてみたり。

そんな何気ない隙間時間をブログにあてる努力をするのです。

私も働きながらですが、なんとかブログ執筆時間をねじこんでいます。
しかも毎日決まった時間決まった曜日に仕事じゃないので実際はたいへんです。

実はこのブログも毎日書いていない

「ブログの執筆なんてもう歯を磨くくらい自然だし習慣づいてるよ~」

とか言う私も、実は毎日は執筆していなかったりします。

眠いときもあるし疲れているときも具合の悪いときも……
毎日記事を更新できているのは、何記事かまとめて書ける日を作っているから!

実際、記事のストックを作るために毎日更新を一時おやすみしたことで、運営のしやすさは格段に上がりました。

日々の投稿にちょっと余裕を持たせたい人はこの方法をとるのもおすすめです。

ネタがない

最初はがんばらなくても、あらかじめ持っているネタで更新し続けられますが……
新記事を投稿するたびにそのネタも尽きて、何を書いていいのかわからない状態に。

何かためになりそうなネタができたら更新しよう~と言って、そのまま脱落してしまう人もいます。

なんでもいいから好きなことを書けばいい

別にためにならなくてもいいじゃないですか。
「ブログを書きたくない」という話題でブログを更新し続けていた人もいるくらいです。

その頃とはだいぶブログの役割も変わってきてはいますが……

人の目ばかり気にしたがんじがらめのブログって楽しくなさそうだし続かなくて当然です。
自分のブログなのだから、自分の書きたいものを書きたいように書くのがいちばんです。

「気づく」か「気づかない」かで大きく変わる

そもそも毎日生きているだけで世の中はネタの宝庫です。

とくに面白おかしい生活をしていなくても全然問題ありません。
ただ、それに「気づける」か「気づけないか」のアンテナの張り方のちがいです。

毎日気がついたことがあればメモを取るクセをつけるのもいいですね。

箇条書きでも構いません。
デジタルでもアナログでもメモを取る手段は問いません。
自分の中の引き出しをたくさん作っておきましょう。

文才がない

「ひとつの記事を書くのにもとんでもなく時間がかかる」
「渾身の記事を投稿したのに全然反応も薄く、離脱されてしまう」

がんばって文章を書いているのに、思っていたような結果が出ない……
なんだかブログっておもしろくない、自分には向いていないのかな……

と、悲観的になって辞めてしまう人もいるのかな、と思います。

書き続けなければ文章力は磨かれない

私はブログを始めたころと、最近を比べても、おおよそ1時間もあれば1記事はある程度書けます。

ただ、その記事のクオリティは過去と今を比べたら全然ちがうのが自分でもわかります。

ブログって、更新すればするほど記事が蓄積されていくことで、どんな記事が求められているかが見えるようになります。

ずーっと反応のいい記事は何がウケているのか。
人気のカテゴリの中で読まれない記事は何がまずかったんだろう。

そういうのは全部、続けていかないと見えてきません。

ブログはそんなにすぐに結果が出るような媒体じゃないですよ。
ただ、書き続けていけば傾向が見えますし、対策もしやすくなるので、まずは量をこなすことです。

人の文章を読むのもひとつの勉強方法

長く愛されているほかの人が運営するブログの記事、はもちろん……
いろんなジャンルの本を読むこともおすすめです。

その世界それぞれに「美しい文章のカタチ」があります。

この文章のここがおもしろい、わかりやすい。
この表現は私だったらこう書くかも。

などなど、考えながら他人の文章を読むのも楽しいですよ。

とにかく何でも書いて楽しんだもの勝ち

長く付き合うことで味わい深くなるのがブログのいいところ。

  • 時間がない
  • ネタがない
  • 文才がない

と言って諦めてしまうのはまだ早いです!

ぜひ長く続けてみて、ブログ運営を楽しんでみてください。
一緒にがんばっていきましょう。

それでは今日も元気にいってらっしゃい~。

スポンサーリンク

-ブログ

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。