接客

スマート決済のスマートって?! レジ業務の現実

スポンサーリンク

スマート決済の流れが私のいるお店にもいよいよ流れてきています。
先日、レジ業務に入った時のことです。

「PayPayでお願いします」

事前に銀行口座やクレジットカードを登録したPayPayというアプリを入れたスマートフォンを使ってお会計する、最近話題のあのお支払いです。

会計を伝えるとすぐさまスマートフォンを操作するお客様。
バーコードが映った画面を見せられました。
あれ、この画面なんだろう……たしかうちの決済は、むしろQRコードを読んでもらうタイプだったはず……。
おそるおそる「お客様」と切り出します。

「申し訳ございません。こちらのQRコードを読み取る画面に直していただけますか」

内心どきどきしながら伝えると、お客様は慣れた手つきで画面を切り替え、QRコードを読み取ってもらえました。
画面を見せていただき、たしかにお支払いされているのが確認できたので、現計を押し、レシートを渡しました。

ほっとしたのも束の間、次のお客様のお支払いもPayPay……同じやり取りだけど、どきどき再びです。

そうなんです、スマート決済は、スマートなのはお客様ばかりで、レジを打つ方は「なんでも分かりますよ」的なスマートな顔をしながら、間違えないかどうかめちゃくちゃ気にしながら会計しています。

今後、この決済方法が主流になれば、この動作が当たり前になってきて、失敗を恐れずできるようになるかもしれません。
ですが、私のようなネットの買い物以外クレジットカードを使うことさえためらう現金至上主義人間も多いはず。
海外のように偽札が頻繁に出回るような国ではない日本で、この支払い方法が定着するのかどうかは私には見当がつきません……。

お年寄りの方がスマートフォンでLINEを送るのでさえ「すげえ」と思って見守っているのに、「PayPayで」なんて言われた日にはひっくり返ってしまいそうです。
さすがの私もスマート決済に手を出すことを考えてしまうかも。

いずれにしてもレジ業務も数をこなすことで操作に慣れますから、今のこの頻度ではたまに来られた時にまだまだびびってしまうばかりです。

スマート決済が本当にスマートなお支払いになる日はいつ来るのか!
しばらくこの流れを見守っていたいですね。今日も一日がんばりましょう。

-接客
-

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.