医薬品 接客

病院でもらったお薬が〇〇? のどと鼻で悩むお客様へ

スポンサーリンク

30代くらいの女性のお客様。
のどの痛みと鼻水の症状にお悩みで来店されました。

数日前からのどが痛くなりだし、熱が上がるかもと思っていましたが、37度前後と微熱の状態。
念のため病院へ行きましたが、風邪と診断されました。
「病院ではなにかお薬は処方されましたか」
「はい。葛根湯だけもらいました」
「え、葛根湯ですか」

処方され何度か飲んでみたが効いている感じがしないという葛根湯。
たしかに葛根湯は風邪のひきはじめに飲むととても効果を発揮する漢方薬です。
熱が上がりきった場合の服用もしないですが、のどの強い痛みを感じている場合は、葛根湯はかえって逆効果です。
病院から処方されたものなので悩みましたが、お客様には葛根湯の服用を中止していただくことにしました。

「のどの痛みの他に鼻の症状を感じるとおっしゃいましたが、一番改善したい症状はどちらの症状ですか」
「のどの痛みも気になるんですけど、最近鼻水の方がつらくなってきたので、鼻を何とかしたいです」
「鼻ですね。そうしたら、鼻炎薬を選びましょうか」

お客様は服用薬もなく、ふだんはいたって健康ということなので、試しに先日私が飲んだプソイドエフェドリンなどが配合された、速溶錠をすすめてみました。
「口の中でなめたり、かみ砕いて水なしで飲めるタイプの錠剤です。このプソイドエフェドリンという成分が鼻の症状に大きく効果を出します。とにかく症状をおさえたい場合は、この成分が入ったお薬はおすすめです」
「他にはなにかありますか」

別のお薬の提案をお願いされましたので、少しアプローチの方向を変えます。
「こちらはどうでしょう。1日2回まで飲めるお薬ですが、1回だけでも長時間十分に効果を発揮します。もし、薬を飲むタイミングがなかなか作りにくい状況であれば、こちらのお薬もおすすめです。ただ、こちらの方が少し眠気が強く出るかもしれません」
「そうなんですね……」
「あと、どちらのお薬もちょっと口が乾くかもしれませんね。ちなみに最初にご紹介したお薬には炎症をおさえる成分も入っているので、のどの痛みも効能にあります。まあ、変な話鼻とのどって繋がっているので、いずれにしても鼻の症状が治まればのどの症状にも影響されることもあるかもしれませんね」

お客様は悩まれた末、最初に紹介された速溶錠を選ばれ購入されました。
それにしても、のどが痛い患者さんに葛根湯が出されてしまうものなのだなあと、少し驚きました。
こういうとき、我々はどこまで踏み込んでいいものなのか。
でもやっぱりまず一番は、目の前のお客様のことを第一に考えることだろうなと思っています。

今日もお客様にとって最善の選択ができますように。

スポンサーリンク

-医薬品, 接客
-

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。