就職 資格

給料アップのために登録販売者資格を取得するぞ! それでいいと思うワケ

スポンサーリンク

世の中には、意識の高く勉強熱心な医薬品登録販売者の資格者さんはたくさんいます。

「お薬や健康について勉強するのが大好き! もっとたくさんの人のサポートがしたい!」

そんなふうに考え、日々自己研鑽する人がいる傍ら……

「登録販売者の資格を取れば、今よりも給料アップできる! お金大好き! 抱きしめたい!」

という人も中にはいると思います。

お金のために資格を取るなんて……と、誰かから怒られそう、なんて思うかもしれません。
が、結論としてその取得理由、全然アリです。

ということで今日は「収入のための資格取得について」に触れていきたいと思います。

「資格手当の支給」は登録販売者資格取得の魅力のひとつ

登録販売者を採用する多くの企業は、資格者に対して「資格手当」を支給しているかと思います。

会社によって金額はまちまちで、管理者と研修中で金額に差が出るところもあります。
でも、おおよその会社は、正社員で考えても月5000円から20000円くらいの手当を与えていると考えられるでしょう。

この「資格手当」欲しさに、登録販売者資格の取得の勉強をはじめる人がいるのは、私は当然だと思います。
だって、もらえるお金が、増えるんですよ。

単純に給料が上がれば仕事のモチベーションが上がる

給料が上がるって最高じゃないですか。
年1回の基本給の昇給だってふつうにうれしいのに。

たとえその日の業務内容が、主にレジ打ちや品出しばかりだったとしても……
登録販売者という資格者として採用されているだけで、まわりの一般従事者よりもお賃金がいいのです。

そこで、まわりよりももっといい仕事ぶりを見せたいと思える人だっているでしょう。
仕事のモチベーションにもつながります。

給料分だけ今までの仕事よりちょっとだけ幅が広がる

私が登録販売者の資格試験のために勉強をはじめたのは、調剤薬局に勤め始めたとき。

その調剤薬局は少しばかりの一般用医薬品も販売していて……
ときどき、市販薬を求めに来店するお客様もいました。

そんなとき、資格のない私は、薬剤師さんや登録販売者さんにバトンタッチして接客をしてもらうのです。
この「くすりの接客ができるかどうか」の分、給料が上乗せされているわけです。

給料が上がった分、今までできなかった仕事の領域をいただいたと考えて働くことになります。
「資格手当」を最初から意識して資格を取得した人も、その重みを感じることができます。

きっかけはなんだっていいし働いていればどうにでもなる

ということで……
自分に与えられた仕事を責任持って楽しくこなすことができるのであれば、資格取得のきっかけが「お金」であろうがなんでもいいというお話でした。

むしろ「給料が上がる」という点に意識を向けていることで、仕事に対する構え、パフォーマンスも向上するのではというのが私の考えです。

何を隠そう、この私も登録販売者という資格を知った当初に気にしたのは「手当の支給」でした。
会社の採用面接の際にされた説明で、手当の話が出たときには「これは取るしかない」と思いました。

実際、ドラッグストアなどを職場にするなら資格を取らなければならないと感じる局面は出てくると思います。
勉強をはじめるためのやる気を起こす起爆剤が「お金」で何が悪い。

「登録販売者になりたい」と思ったことが、現状の自分を変えるチャンスでもあります。
その扉はいつでも誰でも開くことができるんですよ〜。

なるっきゃないでしょ、登録販売者、さああなたも。
ということで、今日も元気にいってらっしゃい〜!

-就職, 資格

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2021 All Rights Reserved.