アイテム

本が好きだけど読めない! 読書にまつわる3つの悩み

スポンサーリンク

ただいま私は、読書強化中です。
一冊でも多くの本を読了したくて、少しずつ本を読み進めています。

でも、遅読なのでなかなか読み終わることがありません……

秋冬になり、読書をしたくなる人も増えていると思います。
そんな人が実際に読書を始めると陥りそうな「悩み」を集めてみました。

私なりに改善させたり、解決できたりしたこともあるので、そこを含めてご紹介します。

読書をする時間が思うように持てない

毎日7時間しっかり睡眠をとるとして……
起きて支度して、8時間働きに出て……
帰って夕飯食べてお風呂入って……

家のことしてたら、あっという間にまた寝る時間。

あれ〜、読書の時間なんて、ぜんぜん持てないじゃん! なんて思いますよね。
毎日一生懸命生きていると、それだけで意外に忙しかったりするんです。

まずは「5分読む」と決めて読み始める

だから、世の中の人の大半は、読書の時間なんて1分も持っていなかったりするんです。

それに比べたら、意識して5分、いや、3分でも本を開こうと決めるだけでも、かなり意識高いですよ。

しかも本って、読み始めると意外に時間が経つのを忘れて、読み耽ったりしちゃうものですし……
まずは「身近に本を置いて開く習慣を持つ」ことが、すべての始まりになるかもしれません。

少しでも本を読む煩わしさをなくすために、栞を工夫してみるといいですよ。

目が悪くなり読みたい本の字が見えない

これは読書好きにとっては深刻な悩みです。

発売を心待ちにしていたあの本が、いざ店頭に並ぶようになりました。
一冊を手に取って、わくわくしながら表紙を開いたら……

文字が細かすぎて読めない、読んでいられない。
そっと、売場に戻すほかなかった経験、若い人にはまだわからないかしら……

「若いうちにたくさん本を読みなさい」という先輩方の言葉は、そこからきているんだと思います。

電子書籍を積極的に使うようになりました

以前、たまたまもう電子書籍でしか手に入らない本をKindleで購入したときに……
その大きな文字表示とページのめくりやすさと、俯かなくても読める状況に、もう「読みやすい!」としか思えず。

以来、新しい本が出ると、先にKindleで発売するかどうかをチェックするようになりました。

しかも、KindleならiPadでもiPhoneでも共有できるので、読みたいときにさっと読めるのもメリット。
最初のお悩み「読書時間の確保」にも一役買ってくれるから、かなりおトク。

読みたい本が増えてばかりで買うのをためらう

私はとにかく遅読なので、一冊の本を読んでいる間に、また本屋に立ち寄ったりします。
すると新たに読みたい本を見つけてしまい、実際に買ったりもします。

でも今読んでいる本がなかなか読み終わらないから、なかなか新しい本を読み始めることもなく……
読みたい本が読まれることのないまま、どんどん「積読」になってしまう、なんてこと、よくあります。

本はいくらあっても腐らないって母ちゃんが言ってる

母の言葉「本は腐らない」に甘えて、興味のある本は買うようにしています。
そして、今読んでいる本がすすまないなあ、と思ったら、読み途中でも別の本に乗り換えます。

本屋でも自分の部屋でも、本棚を見て「この本読みたい!」と思ったときが、その本の読まれどきだと思うように。

そして、ここでも電子書籍の話ですが……
電子書籍なら、何冊本を買っても、ぜんぶ自分が持っている端末に収まるばかりで、場所を取りません。

アマゾンプライムに入っているだけで、無料で読める本などもありますよね。

とっても便利なので、使わない手はないと思います。

自分のペースで少しずつ世界を広げていこうと思う

ということで、私が抱いたことのある「読書の悩み」とその解決方法をまとめてみました。

今はとにかく漢方薬の本にかじりついていますが……
今年中にもっとたくさんの本が読めたらいいな〜と思っています。

本はずっとそこにいてくれますから、焦らず自分のペースで読書を楽しみたいですね。

それでは、今日も元気にいってらっしゃい〜。

-アイテム,

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2023 All Rights Reserved.