仕事観

資格を取るだけでは変わらない? 人生を豊かにする3つの行動

スポンサーリンク

テレビドラマ「ハケンの品格」の大前春子が取得している資格を、一生のうちに全部取るのは、どんなに綿密なスケジュールを立てても「不可能」ということがわかっているそうです。

でも、あんなに資格を持っていて、あんなふうに日々いろんな場面で活躍できたらかっこいいですよね〜。

たったひとつ「医薬品登録販売者」という資格を取得するだけでも、まるで人生がバラ色に変わるようなイメージを持っている人もいると思います。

資格を持っているということは、持っていない人と比べると、何かと有利になる場面も実際にはあります。
給与面の待遇や仕事内容の変化……

けど、本当に自分の人生を豊かに変えるのには、資格を取る「だけ」では叶わないな〜とも思っています。

資格の価値を上げるために資格者がやってみるとイイコトは

ハッキリ言うと、資格を取得する「だけ」では人生はそうそうコロコロ好転することはありません。

資格取得はあくまでその「きっかけ」にすぎません。

資格取得を「ゴール」として考えていると、そこからどうやって人生を転がせばいいのかがノープランです。
なんのために資格を取得するのか、登録販売者に限らずそこを大切に考えなければなりません。

ということで、私が思う「資格取得後にこうしたら人生が豊かになりそう」なことを3つご紹介します。

人生が変わる資格取得後3行動

  • 自分の経験をまわりの人に伝えアドバイスする
  • 常に勉強を重ね生涯学習することを意識する
  • 新しい舞台で資格を活かした活動をはじめる

自分の経験をまわりの人に伝えアドバイスする

資格試験のための勉強方法、試験当日のことなど……
その資格を取得するまでのエピソードや、取得した後の自分の活躍を誰かに話し伝えること。

同じ資格を目指している人や、同じ資格者にとっては貴重な意見になるにちがいありません。
資格に興味のある人は耳を傾けてくれます。

このブログがひとつの例ですね。

「登録販売者」に関係する人に向けた内容盛りだくさんのこのブログですから、たしかにターゲットは絞られてきます。
でも、日々アクセスがあることや、コメントなどをいただいたりすると、書く手応えを感じることができます。

常に勉強を重ね生涯学習することを意識する

資格者としての知識や技量をアップさせるためにも、日々その分野に関する勉強を怠らないことも大切です。

とくに「登録販売者」という資格が必要とする知識は「くすり」や「健康」について。
これらの情報は日々更新されていき、常に新しい情報が発信され続けています。

昨日身につけた知識は、明日にはもう古くなっているかもしれない。

この意識を持って、常にインプットすることを心がけていく必要があるでしょう。

また、接客などでもって、得た知識をアウトプットして「スキル」に変えていくことも大切です。

新しい舞台で資格を活かした活動をはじめる

自分が取得した資格を使って、まだ誰も踏み込んだことのない活動やビジネスをはじめてみるのもいいと思います。

「登録販売者」はたしかに「市販薬の販売」を目的に作られた資格ですが……
そのほかにも、介護職など誰かの健康についてサポートするようなお仕事に就いている人が、仕事の上での幅を広げるために資格を取得することもありそうです。

タレントの麻木久仁子さんも登録販売者資格を取得した人のひとり。
自身でひらく薬膳教室で漢方薬のアドバイスをするために資格取得を考えたそうです。

こうしてみると、お薬の販売をする以外にも「登録販売者」の資格の需要はありそうな気がしてきませんか。
自分ができること、得意なこと、やりたいことはなんだろうと考えて、資格と結びつけるのも楽しそうですよね。

資格の有無に問わずすすんで行動することができるのが大切

人生が変わる資格取得後3行動

  • 自分の経験をまわりの人に伝えアドバイスする
  • 常に勉強を重ね生涯学習することを意識する
  • 新しい舞台で資格を活かした活動をはじめる

人生を豊かにするのは「資格」じゃなくて……
すべては変えたいと思ってする自分の「行動」だったりします。

資格より大切なのは個人のスキルかもしれませんね。

そのきっかけが「登録販売者」という資格取得になる、かも。
さあ、明るい未来を切り拓いていきましょ〜!

それでは、きょうも元気にいってらっしゃい!

-仕事観

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.