ヘルスケア 医薬品 接客

便秘になりにくくする4つの習慣ご紹介します!

スポンサーリンク

下痢の次は便秘のはなしです。
70代くらいの高齢の男性、今度は3日ほど便が出ないとお話し。

「よく使う便秘薬とかはありますか」
「便秘になったのははじめてだからね。くすりは飲んだことないよ」
「何か普段他に飲まれているお薬とかはありますか」
「血圧と血液さらさらと、前立腺をね」
「あー、ちなみに最近薬の内容変わったり、新しい薬を飲み始めてはいませんか」
「もう何年もね、同じ薬を飲んでる」
「そうですか……薬によっては副作用で便秘になることもあるから、ひょっとしてと思ったのですが」

さて、病院でもらっている服用薬がたくさんある男性。
この時点でまずは受診勧奨します。
本来なら病院で相談すべきですので、こちらで薬を勧めるのは難しいです。

ですがかかりつけの病院は休診。
男性は、お腹のハリなどは感じないものの、便がまったく出ず食欲も無くて困っていました。
なんとかならないか、といいます。

んー、どうかなあ、と思いながらも
「そうしたら……浣腸剤とか試してみますか」

高齢者なので挿したあとの血圧低下による転倒など、もろもろ注意するところを慎重に伝えておけば大丈夫かな……と思い、提案。
お客様も試してみたいとおっしゃるので、使い方を丁寧に説明。
くれぐれも気をつけて使用してと伝え、2個入りをひとつ購入して帰られました。
転んでけがとかありませんように。

夏は水分不足や冷えや食欲不振によって便秘が起きる話も記事にしましたが、涼しくなったって便秘は起きます。
なので最後に便秘になりにくい4つの体づくりの話をします。

1.生活リズムを整える
決まった時間に起きて寝る。
決まった時間に三食食べる。
規則正しい生活の基本ですが、ここにもうひとつ
「決まった時間にトイレに行く」
を追加しておきますね。
便意がなくても決まった時間に行くことで、トイレすること自体を習慣化させてしまうのです。

2.水分補給をしっかりする
夏も書きましたが朝起き抜けに一杯水分とるだけで変わるかもしれません。
今の時期ならあたたかい白湯とか。
スポーツドリンクを薄めたものとかでも飲みやすいかもです。
朝以外の時間もこまめに補給することを忘れずに!

3.乳酸菌をとる
乳製品、発酵食品などの食品を食べてみるのも便秘にいいようです。
塩分のとりすぎには注意です。
バランスのいい食事をってことですね!

4.運動の習慣をつける
激しい運動でなくとも、毎日10分の散歩をするだけでも効果的だそうです。
歩けるのならもっと歩いてもいいと思うし、体をねじったり曲げたり、座ったり寝ながらできる運動もあります。
できるところから、小さい目標でも大丈夫なので、続けられるものを作ってみるのがいいですね。

お腹の具合って生活の様子でだいぶ影響されると思います。
みなさんもご自身のからだを大切に。
日々すてきな生活を送ってください。
今日も元気にいってらっしゃい。

スポンサーリンク

-ヘルスケア, 医薬品, 接客
-

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。