仕事観

登録販売者の将来性ってどう? 現場の資格者の私から見て

スポンサーリンク

私は自分の「登録販売者」という資格が大好きでブログを立ち上げてしまったくらいですが……
ネットの記事を読んでいると、資格に対してネガティブな意見も多く見受けられます。

登録販売者は必要ない。
いずれなくなる職業のひとつだ。

本当にそうでしょうか。
実際に働いている立場として、資格を取り巻く最近の状況を踏まえて、自分の思いを書いていきたいと思います。

薬剤師や登録販売者がいなければ市販薬が売れない現在

現状として、いまの日本は市販薬を販売するのに薬剤師や登録販売者の専門資格者がいないと売ることができません。

医療用医薬品からすべての医薬品を取り扱える「薬剤師」に対し……
「登録販売者」は市販薬の専門家。

扱える市販薬は「第二類医薬品」「第三類医薬品」のみですが、それだけで市販薬のおよそ9割が取り扱えることになります。

登録販売者を採用することにより、薬剤師は調剤などの業務に集中でき、負担を軽減できること。
また、販売のみを扱う店舗なら薬剤師ひとりを雇用する人件費で登録販売者をふたり以上は採用できます。

薬剤師がいないと「要指導医薬品」「第一類医薬品」は扱えませんが……
9割の市販薬で、だいたいのお客様のお悩みに寄り添うことができるものです。

受験資格が不問の登録販売者の数はどんどん増えていく

すべてのお薬が扱える薬剤師になるには薬科大学に6年間通い、国家試験を受け……
など、なかなかハードルが高いもの。

それに対し登録販売者は、試験を受ける条件は不問。
年齢性別、現在の職業、理系文系、実務経験の有無、なにも問われません。

受験資格不問なのは、登録販売者資格のいいところのひとつ。
いつでも誰でも、自分の未来を切り開くチャンスがあるということ。

だからこそ、今後も登録販売者の合格者は増え、資格を持って働ける人も増えてくるでしょう。
そのとき、たくさんいる登録販売者さんから、お店は誰のどこを見て採用されるのかはカギとなりそうです。

通信販売や自動販売と今後どう共存していくかが課題

また、インターネットをはじめとする通信販売や、機械などによる自動販売も、避けてはとおれないものではあります。
最近はコンビニエンスストアなどで市販薬の配達サービスも開始されたりと、お店に行かなくても市販薬が買える状況というのは増えています。

現在は、資格者がいない時間帯はそれらのサービスも行えないはずなので、登録販売者などがまったく不要になることはないと考えられます。

多くの人が誰とも介さずに市販薬を買えるとなると、受診勧奨などの判断はどこでできるのか、市販薬以外にも適した提案があるのではないか、それはいつするのか、いつも使っているお薬がその人にとって本当に安全なものだと言い切れるのか……

などなど、やっぱり人の目がないことにはだめな部分ってお薬に関してはたくさんあると思うんです。

きっといまさら、市販薬の購入を便利な方向へすすめないようにするということは現実的ではないのでしょう。
だからこそ、そういった便利なサービスと、どうやったら共存していけるのかを考えなければならないですよね。

登録販売者が不要であることはないけれど、これからの未来に向けて変えていかなければならない部分は色々とありそうです。

くすりを売る人「+アルファ」の強みがほしいところ

そう考えると、もはや「くすりを売る」だけなら機械でもできる世の中です。

「くすりを売る」ために作られた登録販売者という資格ですが……
ただ「くすりを売る人」でいるのは危険だということはわかります。

「商売とはお客様の思いや考え、哲学をカタチにして売ること」

というのは、マーケティングコンサルタントの松野恵介さんのセミナーに伺ったときに聞いた言葉です。

モノ(この場合市販薬)を売るのではなく、目の前の人のなんのお手伝いができるのか。
それがわかると、この資格の将来性……
いやいや「あなた」の将来がきらきらと輝くものになるのではないのかなと思うのです。

その近道として「お薬以外の周辺知識を深める」というのもアリだと思います。

栄養の知識、美容の知識、介護の知識などなど……
現場で役に立つ知識はほかにもいろいろあります。

機械やほかの資格者に負けない強みを持つことが、自分の将来性を高めると言えるのです。

向上心をもって学び続ける資格者にこそ「将来性」がある

そう、この「登録販売者」の資格は、資格をとって現場に立ったあとこそ勉強が必要な資格。

試験に合格したからといって学ぶことをやめてしまうと……
どこかで自分が通用しなくなる場面が出てくるものです。

「資格の将来性」よりも、まずは「自分の将来性」を高めて必要とされるようになる。

そういう姿勢こそ大切なのではないかなと、私は働いていて思います。

登録販売者の資格をとって、未来を切り拓く!
そんな高い向上心を持ち続けたまま、ず〜っと働き続けられれば最高だなと思います。

さあ、今日も元気にいってらっしゃい〜!

-仕事観

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.