就職 資格

楽しいドラッグストア! 登録販売者として働くギャップとやりがい

スポンサーリンク

これまで、自分が登録販売者として働いている中……
私よりも後から入社してきた人の中には、まったくの独学で登録販売者試験の勉強をし、合格して入社してきた人が何人もいます。

実務経験のない「研修中」の登録販売者の採用を、渋る企業もあるという話を聞く中。
私のいる会社はというと、そういった志の高い人たちを迎え入れる構えであるようです。

ところで、これを読んでいるあなたがドラッグストアに勤めるとして……
最初にどんな仕事の様子を思い浮かべますか。

こんなはずでは! ドラッグストアの仕事

小売業をよく知らないうちは、ドラッグストアの店員さんというと

「白衣を着て、医薬品売場に立ってにこにこしている人」

というイメージが思い浮かびがちではないかと思います。

上手な言い方ではありませんが、ぶっちゃけドラッグストアの仕事って「ラク」と想像する人が多いのです。
ところが、実際に働いてみるとその世界は……

毎日汗だくになりながら重い荷物を持ち運び……
在庫数や売り数を気にしながら、毎回発注に頭をひねり……
長蛇の列のレジを1円の遺算金も出さないようにさばき……
商品が売れてへこんだ棚を、ぐるぐる回って前出しして……

食料品や日用品のご案内も多く、医薬品売場にぜんぜんいられない〜!
ドラッグストアのお仕事って、なかなかハードなんです。

それでも登録販売者として働くのは楽しい!

そんな現実に直面しても……
私はドラッグストアの登録販売者になってよかったと思います。

荷物は重いし、ゆっくりできる時はほとんどないしで、最初のイメージとはちがうかもだけど……
そんなことばかりじゃないのが、ドラッグストアの登録販売者だと思うのです。

「医薬品の接客」という仕事ができるのは資格者だけ

まずもってわれわれ資格者がいなければ、医薬品を売ることもできなければ、店を開けることも許されません。
それだけの責任を背負ってお店に立っているという自覚を持つのも大切です。

この「医薬品の接客」のひとつひとつを日々丁寧にこなします。
最初の頃は、お客様の疑問にうまく答えられないこともありますが……
接客を経験していくと、自分の中にたくさんの「気づき」や「発見」が積み重なります。

それが自分の血となり肉となるのが、仕事を続けていけばいくほどわかる!

そこに面白みを感じられると、このお仕事はグッとたのしくなりますよ〜。

毎日新しい知識を積み重ね続けられる経験が得られる

たとえば、お客様に聞かれてわからなかったことは、そのままにしません。
それから、お薬や健康に関する情報は日々更新され続けています。

添付文書や書籍などを読んだり、同じような仕事をしている仲間と情報交換しあったり……
資格を持って働いていると、もっと「ちゃんと勉強しよう!」という気持ちがぐんぐん湧いてきます。

それが、日々の仕事のスキルの向上にもつながるし、新しいことを知るという楽しみにつながります。

自分が「なりたい」登録販売者を目指すこと

ドラッグストアの仕事は多岐にわたります。
大変なことも多いし、ヘトヘトになることもあります。

その日の仕事で、医薬品に触ることもできないこともあります。

そんな中でもどこに仕事に対する意義を感じるか。
なにを大切にしたいかで、仕事に対するやりがいが変わってくると思います。

  • 日々スキルを上げるために学ぶ姿勢でいられること
  • 医薬品の接客という特別な業務を任せてもらえるということ

たとえ今いる自分の環境が理想どおりではなかったとしても……
自分がどういう資格者になりたいかを明確に思い描くことで、道は決まってきます。
他人や環境は変えることができなくても、自分は日々、変えていけるのです。

登録販売者という資格について、前向きになれるような記事も書いています。
よろしければ読んでみてください〜。

たのしくお仕事できることに感謝します。
今日も元気にいってらっしゃい〜!

-就職, 資格

スポンサーリンク

Copyright© 登録販売者の毎日 Neither Poison Nor Medicine , 2022 All Rights Reserved.