書いて見返す勉強法! 登録販売者のお薬接客ノートの取り方

書いて見返す勉強法! 登録販売者のお薬接客ノートの取り方

以前お客様との対応で疑問に思ったことがあったら、放置せず後ででも必ず調べるのがいいという内容の記事を書きました。

そうして調べたことは、記録して自分のものに確実にしておくことも大切です。
記録、といえば、日頃の接客の記録をノートに必ず付けている人は、今働く登録販売者のうちどれだけの人が出来ているのでしょうか……私は、正直出来ていません。
でも、これではいけないな、と心の内では思っています。

まだ登録販売者の資格を取得したばかりの薬局時代、実際のお薬の接客をまとめたノートを作っていました。
この時に書いたノートは、転職した今でも鞄に入れて出勤し、ふとした時に読み返すようにしています。

ノートに書くことが重要です。
小さめのノートなら仕事中でもポケットに忍ばせて、いつでも見返すことができます。
人間忘れることもありますので、見返すためにノートは存在します。
勿論書くことで覚える、ということもあります。
あと、使うノートはルーズリーフよりちゃんと綴じてあるノートを使うのがいいです。
ひとつの事例を見開きで記録するからです。

では、中にはどんなことが書かれているのか、実際のページをお見せします!

まず、左のページに書くことです。
・接客した日付
・お客様の年齢、性別
・相談内容(症状、服用薬、生活習慣など)
・実際に選んだお薬、その理由
一緒の職場で働く薬剤師や、先輩登録販売者に接客を代わってもらった場合は、その人が選んだ薬の内容と理由も書いたりします。
とにかくその接客時の内容を書けるだけ書く感じです。

では右のページです。
割と自由です。
ここに、あとから調べてわかったことなどを書きます。
養生法や成分の効能、他の薬との比較、こういう質問をするべきだった、などなど。
次の接客に活かせるような情報を、収まるくらいに書き溜めます。

違うページはこんな感じです。
ちなみにこのノートは清書用ノートです。
接客後すぐ、覚えていることをメモ帳に走り書きして、あとでこのノートにまとめます。

参考に、使っていたノートはこちらになります。

ミドリ ノート A5サイズ MDノート/横罫
価格:777円(税込、送料別) (2019/9/26時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

書き心地もそうですが、大きさも、あと白過ぎない紙質も理想で使いやすかったです!

これを書いていた時のお店は調剤が主だったので、一般用医薬品をお求めのお客様は週に1人か2人見えればいいところでした。
なので、手書きPOPやこうしたノートへの記録や資格の勉強などにも時間が割けて、とても勉強になったのですが、もっと自分で薬を売る力をつけたいと思って今の会社に転職したのでした。

今のお店はくすりの種類も多いですし、接客のやり甲斐もたくさんありますが、あの頃のようなひとつひとつを見つめた接客が出来てるかなあ、と反省するところもありますね。

今日もお客様ひとりひとりに親身になって接することができますように。

アイテムカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。